DesignTips > Photoshop使い方講座 写真加工 > Photoshopのアクションで作業を効率化

Photoshopのアクションで作業を効率化

Photoshopのアクションで作業を効率化

Photoshopのアクションファイルを使って効率的に作業をすすめてみませんか。

Photoshopにはアクションファイルといういうものがあります。ワンクリックで、自動で写真をセピア調や切り抜きをしてくれます。その他にも様々な事をしてくれるとても便利な機能です。

アクションファイルについて各項目を作りました。中級者以上でも意外とこの機能を活用していない人が多いのみたいですね。あなたのPhotoshopでの作業が格段に効率化されます。

1. Photoshopのアクションファイルとは

アクションファイルとはPhotoshopの作業工程を記録したファイルです。

たとえば、Photoshopの画像の切り抜きのアクションファイルを実行すると、自動で切り抜きの作業をしてくれます。それ以外にも、画像の加工やテクスチャなども自動で仕上げます。
なので、Photoshopで大量の画像に同じ操作をする時は、アクションファイルを使って効率化ができるというとても便利な機能です。

そして、よく使う機能がファイルにない場合、オリジナルのアクションファイルを作ることもできます。

また、インターネット上で有料・無料で様々なPhotoshopのアクションが配布されています。ちょっと面白い加工や、プロ並みに仕上げてくれるPhotoshopのアクションファイルをダウンロードすることができます。

2. Photoshop アクションパネルの表示

Photoshopの初期設定ではアクションパネルが表示されていません

Photoshop アクションパネルの表示

Photoshopを起動し、[ウィンドウ→アクション]でパネルを表示させます。

パネルを開くと「初期設定のアクション」があり、中に数種類のファイルが登録されています。

他にも登録されたファイルがあるのでパネルの矢印でメニューを表示。

「コマンド~ビデオアクション」までが登録されているアクションで、各フォルダーの中に数種類のアクションファイルが入ってます。

3. Photoshop アクションファイルの追加と削除

初期設定以外のアクションを使う時は追加をします。

Photoshopのアクションファイルの追加と削除

フォルダーをクリックすると「初期設定のアクション」の下に追加され、使えるようになります。

フォルダーやファイルを削除する場合は、ごみ箱のアイコンをクリックしてください。

4. ダウンロードしたアクションファイルのインストール方法

Photoshopにインストール前に圧縮されたファイルは解凍します。

ダウンロードしたファイルのインストール方法

アクションパネルの矢印をクリックし、「アクション読み込み」を選択します。

アクションファイルが入っているファイルを開き、インストールしたいファイルを選択。

これでダウンロードしたアクションファイルがPhotoshopにインストールされました。

5. アクションの使い方

Photoshopで使いたいアクションファイルを選択し、あとは再生ボタン(三角)をクリックすれば実行されます。ただし、ファイルによっては、実行前に選択範囲の作成や、テキスト入力が必要なものがあるので気を付けてください。

step01 「はね」を実行する

Photoshopのはねを実行する

Photoshopで画像を用意したら、[はねを選択→再生ボタン(三角)]

これで、あとは自動で作業を進めてくれます。

やり直す場合や、途中まで戻りたい時はヒストリーを使います。

完成

Photoshopアクションはね完成

画像の周りに白い荒いフレームができました。こんな風に、ワンクリックで作業が進みます。

Photoshopでこの作業をすると、数枚程度なら苦ではないですが、大量にあるとさすがに辛いですね。あっという間に仕上げてくれるのはかなり便利です。

6. オリジナルのアクションの作り方

作りたい作業工程がきまったら、簡単にメモしておくと便利です。

今回、作るPhotoshopのアクションは [800px×600px]のサイズの写真にコメントが書けるスペースを加えます。

Step01 アクションのフォルダーとファイルを作る

Photoshopのアクションのフォルダーとファイルを作る

Photoshopで画像を用意します。アクションパネルの新規セット(フォルダーのアイコン)を作成します。

次に新規アクションを作成し、「記録」をクリック。アクションパネルの記録開始ボタンが赤くなれば作業が記録されます。

※フォルダーを作り同じようなアクションをまとめて1セットにすると使いやすくなります。

Step02 作業の記録

作業の記録

コメント欄を作ります。

写真の下に角丸長方形とシェイプのクレヨンを配置し、位置・サイズを調整します。

※失敗や、変更したい時は停止ボタンを押せば記録が止まります。

記録ボタンを押せばまた続きが記録されます。

Step03 記録停止

Photoshopのアクション記録停止

全ての操作が終わったら、記録停止(■アイコン)を押し終了します。これでオリジナルのPhotoshopのアクションファイルができました。

角丸長方形のファイル中に各作業が表示されます。

あとは、きちんと記録されているか実行して確認すれば終了です。

この投稿文は次の言語で読めます: 簡体中国語, 英語

パペットワープがすごい!(Photoshop CS5)
Photoshopで写真の傾きを補正する方法
Photoshopのぼかし(ガウス)を使った背景のぼかし
30秒で写真を白黒(モノクロ)にする方法3 (Photoshop CS5)
画像の角度修正でできる空白を補う方法(PhotoshopCS5)
Photoshopのトリミングを詳しく解説
30秒で写真をセピアカラーにする方法3 (Photoshop CS5)
Photoshopのマスクの基本的な使い方