DesignTips > 背景・パターン > クラシックなパターン素材の作り方(イラストレーター)

クラシックなパターン素材の作り方(イラストレーター)

クラシックなパターン素材の作り方(イラストレーター)
クラシックなパターン素材をイラストレーターで作成する方法をご紹介します。

ビクトリアンなどに代表されるクラシックなデザインはレースや装飾を多用し、芸術的、戒律的な印象を与えます。装飾は細かく幾何学的な模様を呈し、デザインするには中々難しいジャンルとも言えるでしょう。

今回はそうした複雑なクラシックデザインを簡単なパターンを使って表現してみました。

Step01 パターンを作成する

パターンを作成する

まずは装飾のパターンを作成します。

イラストレーターを起動し、上図のような楕円を描きます。楕円形ツールで楕円を描き、アンカーポイントを移動して作成します。

Step02 回転ツールで回転

回転ツールで回転

[回転ツール]を選択し、Altを押しながら楕円の下の部分をクリックします。(クリックした部分が回転の軸となります。)

[回転ダイアログ]が表示されますので、45°と入力し、コピーをクリックします。これで45°に回転した楕円がコピーされます。

Step03 装飾の花が完成

装飾の花が完成

繰り返し(Ctrl+D)を6回押します。回転コピーが繰り返され、花びらが出来ました!

続いて、上図のように花びらの中心にに正円(塗り:白)を描き、花を完成させます。できた花はグループ化しておきます。

参考記事:花のイラストの描き方(イラストレーター)

Step04 オブジェクトをペンツールで作成

オブジェクトをペンツールで作成

先ほど作成した花の上にペンツールで上図のようなオブジェクトを描きます。

作成したオブジェクト(花を除く)はグループ化しておきます。

Step05 再び回転コピー

再び回転コピー

グループ化したオブジェクト(花を除く)をStep02と同じ要領で回転コピーさせます。

回転の基準点は花の中心にします。繰り返し(Ctrl+D)を2回押し、パターンを完成させます。

Step06 パターンを登録

パターンを登録

Step05で作成したパターンをコピーして上図のように配置し、縮小させます。

パターンの大きさが決まったら[スウォッチパネル]を開き、ドラッグします。

参考記事:イラストレーターでチェック柄の作り方

Step07 パターンを適用

パターンを適用

パターンを適用させます。

アートボードと同じ大きさの長方形を作成し、先ほどのスウォッチを適用させます。アートボード一面にパターンが適用されました。

Step08 パターンに着色する

パターンに着色する

パターンに着色します。

アートボードと同じ大きさの長方形を描き塗りを茶系(例では#490A0A)にします。

Step09 レイヤー操作

レイヤー操作

レイヤーパネルを開き、塗りと模様のレイヤーの順序を入れ替えます。

さらに、模様のレイヤーの描画モードを乗算、不透明度90%ほどに設定します。

Step10 グランジ系の背景素材を用意する

グランジ系の背景素材を用意する

デザインに質感を持たせるため、グランジ系の背景素材を用意します。

背景素材はグランジ系でなくても結構です。お手持ちの少しザラついた質感の素材を適用させてみて下さい。

Step11 描画モードを変更

描画モードを変更

グランジ系素材を馴染ませます。グランジ系素材のレイヤーの描画モードを比較(明)、不透明度40°くらいに設定します。

グランジ系素材と背景のパターンがうまく馴染み、ダークでクラシックな印象に変わりました。

Step12 ライティング効果

ライティング効果

最後に周辺がうっすらと暗いライティング効果を演出します。

長方形を描き、白黒のグラデーションを適用させます。

Step13 パターンに馴染ませる

パターンに馴染ませる

先ほど作成した白黒のグラデーションの描画モードをオーバーレイに変更し、不透明度45°程度にして馴染ませます。

周辺がうっすらと暗いライティング効果が演出できました。

出来上がり!

クラシックなパターン素材の作り方(イラストレーター)

クラシックなパターン素材が出来上がりました!

黒のグラデーションとグランジ系の素材を加えることで、クラシックの中にダーク系の要素を取り入れてみました。単色では表現できない深みと味わいがありますね。

素材を重ね、描画モードや不透明度を変更する手法は覚えておくと良いと思います。組み合わせ次第で思わぬ表現が生まれたりします。お手持ちの素材や配布素材などを利用して色々と試してみて下さい。

関連記事:Photoshop パターンの作り方

関連記事:花柄背景の作り方を解説(Photoshop)

関連記事:シームレスなパターンの作り方(フォトショップCS5)

ノートと破けたノートのイラストの作り方(イラストレーター)
クールなドッグタグのイラストの作り方(イラストレーター)
イラストレーターでアンティーク調のフレームの作り方
イラストレーターでオリジナルのグランジ模様の作り方
ザラついた質感の背景の作り方(Photoshop)
イラストレーターで写真をいくつもの丸で切り抜いたようなフレームの作り方
ヴィンテージカメラファインダーの作り方 (Photoshop)
夏の夜空を彩る花火のイラストの作り方(イラストレーター)
幅広いデザインで使えるシンプルなペーパータグの作り方(イラストレーター)