DesignTips > 枠・フレーム > ブロンズプレート風フレームの作り方

ブロンズプレート風フレームの作り方

ブロンズプレート風フレームの作り方

ブロンズプレートで作ったようなフレームの作り方をご紹介します。

今回は図形で簡単に作るフレームの応用になります。Illustratorで大きさが違うフレームを3つ作り、Photoshopでブロンズのような質感を出してます。一見難しそうに見えますが作り方はとても簡単ですので、ぜひチャレンジしてみて下さい。

Step01 図形を作り重ねて配置する

図形を作り重ねて配置する

正方形、長方形、楕円を上図のように重ねて配置します。

[全てを選択→パスファインダー→合体]。これでフレームが1つ完成しました。

※色は何色でも可。線なしで。

Step02 パスのオフセットで、一回り大きいフレームを作る1

パスのオフセットで、一回り大きいフレームを作る1

[オブジェクト→パス→パスのオフセット]で上図の設定をします。

Step01のフレームより一回り大きいフレームができました。

Step03 パスのオフセットで、一回り大きいフレームを作る2

パスのオフセットで、一回り大きいフレームを作る2

もう一度パスのオフセットをします。Step02で作ったフレームを選択し、数値を変え一番大きい外側のフレームを作ります。

これでフレームが3つできました。後はPhotoshopでブロンズのような質感を出します。

Step04 Photoshopにペーストする

Photoshopにペーストする

Photoshopにペーストします。レイヤーの順番は上から小さい順です。

(関連記事:Photoshopのレイヤーの基本を説明

Step05 シャドウ(内側)を設定する

シャドウ(内側)を設定する

フレーム小にレイヤースタイルを設定します。

シャドウ(内側)を上図のように設定します。まだ「OK」はクリックしないで下さい。

Step06 レイヤースタイル:パターンオーバーレイを設定する

レイヤースタイル:パターンオーバーレイを設定する

パターンオーバーレイを設定します。[パターン:ゴールドメタリック]

Step07 レイヤースタイル:光彩(内側)を設定する

レイヤースタイル:光彩(内側)を設定する

光彩(内側)を設定します。色は[パターン:ゴールドメタリック]より少し濃いめにします。

「OK」をクリック。これでフレーム小のレイヤースタイルの追加が完成です。

フレーム小(レイヤー3)にレイヤースタイルを追加した状態

フレーム小(レイヤー3)にレイヤースタイルを追加した状態

ブロンズのような質感と、内側に窪で見えるようになりました。

Step08 ベベルとエンボスの設定する

ベベルとエンボスの設定する

フレーム中にレイヤースタイルを設定します。

ベベルとエンボスを設定します。

Step09 レイヤースタイル:パターンオーバーレイを設定する

レイヤースタイル:パターンオーバーレイを設定する

パターンオーバーレイを設定します。[パターン:ゴールドメタリック]。

これでフレーム中のレイヤースタイルの追加が完成です。

フレーム中(レイヤー2)にレイヤースタイルを追加した状態

フレーム中(レイヤー2)にレイヤースタイルを追加した状態

フレーム小とは逆に出っ張って見えるようになりました。

Step10 ベベルとエンボスを設定する

ベベルとエンボスを設定する

フレーム大にレイヤースタイルを設定します。

ベベルとエンボスを設定します。パターンオーバレイはフレーム小と同じ設定になります。

Step11 レイヤースタイル:ドロップシャドウを設定する

レイヤースタイル:ドロップシャドウを設定する

ドロップシャドウを設定します。これですべてのレイヤースタイルの設定が完成です。

フレーム大(レイヤー1)にレイヤースタイルを追加した状態

フレーム大(レイヤー1)にレイヤースタイルを追加した状態

フレーム大の外側に立体感ができました。フレーム全体に凹凸感ができ、ブロンズプレートらしさがぐっとでてきました。

Step12 フレーム大の色を暗めに調整する

フレーム大の色を暗めに調整する

フレーム大(レイヤー1)のレイヤーの上に新規の明るさ・コントラストレイヤーを作ります。

上図のように少し暗めに調整します。

完成

ブロンズプレート完成

ブロンズプレート風のフレームが完成しました。

一番外側のフレームの色を少し暗めにするだけで、より立体感が出て全体に引き締まった感じになりましたね。

アレンジ

ブロンズプレートフレームアレンジ

文字を配置するとよりブロンズらしくなりますね。イラストを加えても良いと思います。

スタイルの設定を変えると、また違った質感ができるのでいろいろとお試しください。

関連記事:イラストレーターでアンティーク調のフレームの作り方

かわいいプクプクシールの作り方(Photoshop)
ラベルテープ風パーツの作り方(Photoshop)
Photoshopで作る凹凸ロゴとテクスチャ
ヴィンテージカメラファインダーの作り方 (Photoshop)
Photoshopでナチュラルなwebボタンを作る方法
写真をポラロイド風に加工する方法(Photoshop)
イラストレーターでアンティーク調のフレームの作り方
木彫り風エンブレムの作り方
凹凸感のあるアイコン素材の作り方