DesignTips > 枠・フレーム > 図形を組み合わせでフレームを簡単に作る方法(イラストレーター)

図形を組み合わせでフレームを簡単に作る方法(イラストレーター)

図形で簡単に作るフレーム(Illustrator)

「図形ツール」を使って簡単に作るフレームの作り方です。

3種類のシンプルなフレームをご紹介します。とても簡単ですし、図形を組み合わせるだけなので、コツをつかめば様々な形のフレームを作ることができます。

[フレームA] Step01 楕円と長方形を配置する

[フレームA] 楕円と長方形を配置する

「楕円ツール」で楕円、「角丸長方形」で長方形を作り、2つを上図のように配置します。

[全てを選択→パスファインダー→合体]をします。これでフレームの輪郭が完成しました。

※色は分かり易ように変えてあります。

Step02 パスのオフセットで縁取りを作る

パスのオフセットで縁取りを作る

[塗り:なし]、[線:1pt]に設定します。

[オブジェクト→パス→パスのオフセット]で上図の設定をし、外側にもう一回り大きいフレームを作ります。

Step03 外側のフレームの線幅を設定する

外側のフレームの線幅を設定する

上図のように線の太さを設定します。後はアピアランスを分割すれば完成です。

[フレームB] Step01 正方形と正円を配置する

[フレームB] 正方形と正円を配置する

正方形の四隅に正円を配置します。

[全てを選択→パスファインダー→刈り込み]後、「グループ選択ツール」で四隅の正円を選択し削除します。

Step02 線を設定する

線を設定する

[塗り:なし]にし、線パネルを使って線を上図のように設定します。

これだけでもフレームとして使うことができますがもう一工夫します。

Step03 フレームに正方形を重ねる

フレームに正方形を重ねる

Step02で作ったフレームに正方形を重ね、アピアランスを分割して完成です。

[フレームC] Step01 正円と長方形を配置する

[フレームC] 正円と長方形を配置する

長方形の下の左右に正円を配置します。

[全てを選択→パスファインダー→刈り込み]後、「グループ選択ツール」で正円を選択し、削除します。

Step02 フレームに楕円を配置する

フレームに楕円を配置する

Step01のフレームに、楕円を上図のように配置します。

[2つを選択→パスファインダー→合体]でフレームの輪郭が完成です。

Step03 パスのオフセットで2つの縁取りを作る

パスのオフセットで2つの縁取りを作る

[フレームA]Step02、Step03を参考に、フレームの縁取りを作ります。

完成

図形で簡単に作るフレーム完成

3種類のフレームが完成しました。

シンプルで使う場所を選ばないデザインですね。他にも、飾り枠アンティーク調のフレームなど、今回とはまた違ったフレームもあります。そちらもぜひ参考にしてみてく下さい。

イラストレーターでペンツールを使わずに作る桜の作り方
角が丸い立方体の作り方(イラストレーター)
縁取りの文字の隙間を埋める方法(イラストレーター)
幅広いデザインで使えるシンプルなペーパータグの作り方(イラストレーター)
マウスで描く!黒板に書いたような手書き風文字の作り方(イラストレーター)
立方体、直方体の作り方(イラストレーター)
サインペンで塗りつぶした文字の作り方(イラストレーター)
ノートと破けたノートのイラストの作り方(イラストレーター)
矢印のイラストの作り方(イラストレーター)