DesignTips > イラストレーター使い方講座 > イラストレーターの文字のアウトライン化について

イラストレーターの文字のアウトライン化について

イラストレーターの文字のアウトライン化について

イラストレーターで作ったデザインを印刷業者さんに印刷をお願いしたら、「文字のアウトライン化してますか?」と。

アウトライン化・・・?意外と知らない方も多いみたいです。

今回はイラストレーターで文字をアウトライン化する方法だけでなく、なぜするのか、またする時の注意点などをまとめました。

1. 文字をアウトライン化するとは?

アウトライン化とは文字を直線や曲線でできた、図形(パス)に変換することをいいます。

イラストレーターで文字のアウトライン化とは?

2. なぜアウトライン化するの?

データのやり取りをする時、他のパソコンに同じフォントが入っていないと、他の書体に書き換えられ、正しく表示されません。

また、同じフォントが入っていたとしても、文字パネルで細かな調整をした文字間など、レイアウトも崩れてしまうことがあります。それを防ぐためイラストレーターで文字をアウトライン化します。

アウトライン化すると文字を図形としているので、文字のデザインが崩れることがなく、他のパソコンで不都合なく使うことができるのです。

webや印刷業者さんに入投する時は必ずアウトライン化をします。

なぜイラストレーターでアウトライン化するのか

3. イラストレーターでアウトラインを作成する方法は?
Step01 全てのロックを解除する

全てのロックを解除

最初にイラストレーターでアウトライン化のし忘れがないように全てのロックを解除します。

[オブジェクト→すべてをロック解除]

Step02 イラストレーターでアウトラインを作成する

イラストレーターでアウトラインを作成する

イラストレーターで[すべてを選択→書式→アウトラインを作成]

または、[すべてを選択→右クリック→アウトラインを作成]

※この時、文字以外のオブジェクトを選択しても問題はありません。

4. アウトライン化をする時の注意点

アウトライン化した文字は、文字パネルで編集する事ができません。それは文字ではなく図形となっているからです。

1.アウトライン化する前のファイル保存

イラストレーターでアウトライン化する前のファイル保存

後で、フォントやレイアウトを変える事を想定して、イラストレーターでアウトライン化する前後のファイルを別にして保存しておきましょう。

2.アウトライン化する前の確認

イラストレーターでアウトライン化する前の確認

他のオブジェクトに重なって隠れている文字や、孤立点があるかもしれません。アウトライン化する前に、アウトライン表示で確認するといいでしょう。

イラストレーターのスウォッチ登録と読み込み方法
イラストレーターのガイドの作成と基本的な使い方
イラストレーターで文字に影をつける方法
イラストレーターで写真の切り抜きを解説
メダルバッジを作る方法(イラストレーター)
イラストレーターでアンティーク調のフレームの作り方
クラフト紙の背景テクスチャとヴィンテージ風デザイン
写真を文字で切り抜く方法(イラストレーター)
オブジェクト(パス)に沿って文字を入力する方法(イラストレーター)