DesignTips > デザインパーツ > Photoshopで点線・破線を作る方法

Photoshopで点線・破線を作る方法

Photoshopで点線・破線を作る方法

Photoshopで点線と破線の作り方を紹介します。

Photoshopの元のブラシの設定を変えるだけで作ることができるので、とても簡単です。イラストレーターでも点線・破線を作ることができますが、わざわざイラレを使うほどじゃなかったり、イラレを持っていない方には役立つと思います。

[点線の作り方] Step01 ブラシパレットを表示する

[点線の作り方] Step01 ブラシパレットを表示する

まずはPhotoshopで点線の作り方からご紹介します。

[ブラシツール]を選択し、[ウィンドウ→ブラシ]でブラシパレットを表示します。

Step02 点線の設定をする

点線の設定をする

続いて点線の設定をします。

ブラシ先端のシェイプの画面にし、[ハード円ブラシ]を選択したら、間隔を右にスライドさせます。数値を[100以上]に設定すると間隔ができます。

ブラシのサイズ・種類で間隔の幅が変わってきます。プレビューを見ながらスライドさせると間隔の幅を作りやすいです。

破線の作り方

破線の作り方

続いてPhotoshopで破線の作り方です。破線も点線同様、ブラシ先端のシェイプ画面にします。

[四角形ブラシ]を選択したら、四角の中にある円をドラッグして楕円にし、横長のブラシを作ります。あとは点線と同じように間隔を設定します。

ブラシの形を横長にする時も、プレビューを見ると分かりやすいです。

色々な点線・破線の見本

色々な点線・破線の見本

この上図以外にも、ブラシの種類や、間隔の幅でたくさんの種類の点線や破線が作れます。

点線、破線の完成

Photoshopで点線・破線を作る方法完成

Photoshopで作る点線・破線はどうでしたか。思っていたより簡単だったと思います。ブラシの種類を変えて色々と試してみて下さい。様々なバリエーションの点線や破線を作ることができます。

ただPhotoshopで作るとどうしても周りが少しぼやけてしまいます。デザインによって点線・破線をイラレと使い分けるのもいいですね。

イラストレーターで破線・点線の作り方
1pxの手書き風ラインの作り方(Photoshop)
木目テクスチャの作り方(Photoshop)
曲線の矢印の描き方(発想の逆転編)
Photoshopで写真を絵画風にする方法
Photoshop パターンの作り方(ドット)
ちょこっと凹んだ猫の足跡のデザイン(Photoshop)
立方体、直方体の作り方(イラストレーター)
角が丸い立方体の作り方(イラストレーター)