DesignTips > ボタン・アイコン等 > イラストレーターで反射するアイコンの作り方

イラストレーターで反射するアイコンの作り方

イラストレーターで反射するアイコンの作り方

イラストレーターで反射するアイコンの作り方の説明です。

まるでアイコンがピカピカの床に反射しているようなデザインですね。

作り方はシンボルからアイコンを作成し、不透明マスクでアイコン下の反射を表現します。

本来はアイコンを一から作るのが理想ですが、今回はイラストレーターCS5に搭載されているシンボルを利用します。

Step01 イラストレーターのシンボルのモバイルを開く

イラストレーターのシンボルのモバイルを開く

まずはアイコンを作成します。今回はCS5に搭載されているシンボルを利用します。

シンボル(ウインドウ→シンボル)を開き、[右上をクリック→シンボルライブラリを開く→モバイル]を選択します。

Step02 シンボルをドロップする

シンボルをドロップする

モバイルの中の[ホーム-グレー]をアートボード上にドラッグします。

[ホーム-グレー]は下の方にあります。

Step03 シンボルへのリンクを解除

シンボルへのリンクを解除

シンボルへのリンクの解除をします。

シンボルを選択してシンボルパネル[シンボルへのリンクを解除]をクリックします。

Step04 シンボルが解除された

シンボルが解除された

シンボルへのリンクが解除されました。

Step05 アイコンの色や大きさを変える

アイコンの色や大きさを変える

このままでもアイコンとして十分ですが、今回はアイコンの色と大きさを変えてみます。

好みに合わせてアイコンの色や大きさを変えてください。

例では青のグラデーションをアイコンに適用しました。設定は上記のとおりです。

Step06 アイコンを反転させる

アイコンを反転

アイコンを水平方向に反転させます。

アイコンを選択し、[オブジェクト→変形→リフレクト]を選択します。

Step07 リフレクトでの設定

リフレクトでの設定

リフレクトダイアログボックスで上図のように設定します。

(コピーをクリックを忘れずに!)

Step08 反転したアイコンがコピーされた

反転したアイコンがコピーされた

反転コピーされたアイコンが表示されました。そのまま選択を解除せずにStep09へいきます。

Step09 反転したアイコンを真下に移動

反転したアイコンを真下に移動

反転コピーされたアイコンを選択したまま、真下に移動します。

上図のように二つのアイコンがぎりぎりくっつかない位の位置で配置してください。

Step10 アイコンの上に長方形を作成しグラデーションを適用

アイコンの上に長方形を作成しグラデーションを適用

いよいよ反射部分を作成します。

反転したアイコンの上部に(上図参考)白黒のグラデーションを適用した長方形を配置します。

長方形と反転したアイコンが重なった部分に反射が適用されます。反転したアイコンの上から1/4位を目安に長方形を配置してください。

Step11 長方形と反転アイコンを選択

長方形と反転アイコンを選択

長方形と反転したアイコンを全て選択します。

Step12 不透明マスクを作成

不透明マスクを作成

不透明マスクを作成します。

長方形と反転したアイコンを選択したまま、[透明パネル(ウインドウ→透明)→右上クリック→不透明マスクを作成]を選択します。

Step13 アイコンに不透明マスクが適用された

アイコンに不透明マスクが適用

反転したアイコンに不透明マスクが適用されました

アイコンが反射されたようなデザインになってますね。

関連記事:イラストレーターで不透明から透明になるグラデーションの作り方

出来上がり!

反射するアイコンをイラストレーターで作成する方法

これで反射するアイコンは完成です。

今回はホームアイコンを作成しましたが、同じ方法でメールやRSS、買い物かごなど他のアイコンもつくれますね。ぜひ一度お試しください。

関連記事:イラストレータ アイコンの作り方

関連記事:凹凸感のあるアイコン素材の作り方

この投稿文は次の言語で読めます: 簡体中国語, 英語, ドイツ語

イラストレータ アイコンの作り方
斜線入りwebボタンの作り方(イラストレーター)
付箋のイラストの作り方(イラストレーター)
イラストレーターで不透明から透明になるグラデーションの作り方
いちごのイラストの描き方
クラシックなパターン素材の作り方(イラストレーター)
雨(しずく)のイラストの描き方(イラストレーター)
春らしいポストカードのチュートリアル(イラストレーター)
罫線入りポストカードの作り方