DesignTips > Photoshop使い方講座 写真加工 > Photoshopのぼかし(ガウス)を使った背景のぼかし

Photoshopのぼかし(ガウス)を使った背景のぼかし

Photoshop ぼかし(ガウス)を使った背景のぼかし

Photoshopのぼかし(ガウス)を使って背景をぼかします。

写真の背景をぼかしたい!ってニーズは結構あります。一眼レフなどではじめから背景にぼかしが入っているときにはいいのですが、後からぼかしを入れるのはちょっと大変そうです。

しかし、Photoshopを使えば簡単に背景にぼかしを入れることができます。背景をぼかすことで写真にメリハリが生まれる効果も期待できますね。

Step01 ぼかす部分とぼかさない部分を分ける

ぼかす部分とぼかさない部分を分ける

Photoshopの[クイックツール]などを使って、人物や被写体を囲みます。選択範囲の細かい部分はクイックマスクモードで修正します。

選択する範囲は、ぼかしたい部分、ぼかさない部分のどちらでも構いません。後で選択範囲の反転が使えるので、選択しやすい方を選びます。

画像の状態で使う[選択範囲のツール]が変わってきます。画像に合わせて一番選択しやすいものを使います。

関連記事:Photoshopのマスクの基本的な使い方

※今回はpixtaで購入した写真を使います。(上記写真はpixtaで購入した写真です。こちらの写真を使用する際は必ず同サイトで購入し使用して下さい。)

ぼかす部分とぼかさない部分を分けた状態

Photoshopで分けた状態

Photoshopでぼかしたい部分とぼかしたくない部分をはっきりと分けることができました。

Photoshopで背景をぼかす時は必ずしも切り抜きをするわけではありません。画像の状態によって切り抜かずにぼかすこともあります。

選択した部分をそのままぼかしたり、レイヤーマスクを使うこともあります。

Step02 Photoshopで背景をぼかす

Photoshopで背景をぼかす

いよいよPhotoshopを使って背景をぼかしていきます。

ぼかすレイヤーを選択し[フィルター→ぼかし→ぼかし(ガウス)]。半径の数値は画像によります。プレビューにチェックを入れ、画像の様子を見ながらぼかしを調整します。

ぼかしの前後

Photoshop ぼかしの前後

背景がぼけたことで、被写体がはっきりして遠近感もでます。

ぼかし過ぎた状態

Photoshopでぼかし過ぎた状態

ぼかしすぎてもダメです。確かに被写体ははっきりしてますが、後ろにモザイクがかかったようにしか見えません。

切り抜かずにぼかした状態

Photoshopで切り抜かずにぼかした状態

被写体を切り抜かずコピーし、写真全体をぼかした状態です。少しソフトフォーカスっぽくなりました。これは被写体が全体的に白が多かったからです。

Photoshopで最適なぼかしをするには

Photoshopで最適なぼかしをするには

Photoshopで最適なぼかしをするには、ぼかす部分とぼかさない部分をしっかり把握し、丁寧な選択範囲を作成します。そうでないといかにも合成写真っぽく違和感がでてしまいます。

画像によってぼかし加減が変わります。最適なぼかしをするために必ずプレビューにチェックを入れ、少しずつPhotoshopで調整します。何回かに分けてぼかしをするのもいいですね。

写真の不要な部分を消す方法(Photoshop CS5)
Photoshopで写真の傾きを補正する方法
Photoshopで丸く切り抜いた写真の境界線をぼかす方法
フォトショップで白黒写真を30秒で作る方法1
30秒で写真を白黒(モノクロ)にする方法2 (Photoshop CS5)
30秒で写真を白黒(モノクロ)にする方法3 (Photoshop CS5)
30秒で写真をセピアカラーにする方法2 (Photoshop CS5)
画像の角度修正でできる空白を補う方法(PhotoshopCS5)
Photoshopのトリミングを詳しく解説