DesignTips > イラスト > お花のイラストの作り方

お花のイラストの作り方

お花のイラストの作り方

イラストレーターでお花のイラストの作り方を説明します。

非常にシンプルなお花のイラストですが、背景やパターン、ロゴ、チラシ、ポスターなど色々なデザインに活用できます。

上のデザインは同じお花のイラストを色や大きさを変えてランダムに配置したものです。一つのお花のイラストができればあとは色と大きさを変えて配置するだけです。このTipsでは一つのお花のイラストの作り方を解説します。

Step01 花びらのイラストの原型となる楕円を描く

花びらのイラストの原型となる楕円を描く

花びらを作ります。

楕円形ツールで上図のような楕円を描きます。これが1枚の花びらの原型となります。

色はお好みのお花の色を設定してください。

Step02 花びらの先をとがらせる

花びらの先をとがらせる

花びらの先をとがらせます。

[アンカーポイントの切り換えツー]を使って楕円の下のアンカーポイントをクリックします。すると丸みをおびていたアンカーポイントの先がとがりました。

だいぶ花びらっぽくなってきましたね。あと一工夫します。

Step03 花びらの形状を変える

花びらの形状を変える

花びらの形状を変えます。

[ダイレクト選択ツール]を用いて上図二点のをドラッグして選択します。(選択されたアンカーポイントは白丸から黒丸になります。)

二点を選択したまま右側(左でも可)のアンカーポイントを上へ垂直にドラッグします。すると二点のアンカーポイントが上に移動し、楕円の形状が変わります。

これで花びらができました!

Step04 お花の中心を描く

お花の中心を描く

お花の中心部分を描きます。

上図のように花びらの先端に円の中心がくるように楕円形ツールで正円を描きます。

楕円形ツールを選択し、花びらの先端のアンカーポイントにカーソルを合わせ、Alt+Shift+ドラッグします。すると、カーソルを合わせたポイントを中心点として正円を描くことができます。

円の色は白、線はなしに設定しておいてください。

Step05 花びらを回転コピーさせる

花びらを回転コピーさせる

最後に花びらをコピー&回転させます。

花びらを選択して[効果→パスの変形→変形]をクリックします。

Step06 変形効果

変形効果

[変形効果]ダイアログボックスが表示されますので、上記のように設定します。

基準点下にチェックを忘れずに!

(上図の設定は花びらの下を基準点に45°回転させながら花びらを7個コピーさせるという意味です。)

Step07 回転コピーされた

花びらが回転コピーされた

[変形効果]を行ったことで花びらが回転コピーされました。

これで花のイラストはできました。最後にアピアランスを分割します。

Step08 アピアランスを分割する

アピアランスを分割

花びらのアピアランスを分割します。

花びらを選択し、[オブジェクト→アピアランスを分割]をクリックします。

アピアランスについてはアピアランスの意味と分割とは?に掲載されています。詳しくはそちらをご覧ください。

Step09 一枚の花のイラストが完成

花のイラスト完成

一枚のお花のイラストが出来上がりました!

あとはこれを色や大きさを変えて配置すれば完成です。

出来上がり!

イラストレーターでお花のイラストを作る方法

Step09で完成したお花のイラストに色をつけ、サイズを変え、ランダムに配置しました。さわやかな春らしいお花のイラストですね。

今回はとてもシンプルなお花を作りましたが、お花のイラストは背景やパターン、ロゴ、チラシ、ポスターなど様々なデザインに活用できます。(なかなかのスグレモノです。)

ちょっとしたアクセントにも使えますのでぜひ一度作ってみてください。

関連記事:花のイラストの描き方(イラストレーター)

この投稿文は次の言語で読めます: 簡体中国語, 英語, ドイツ語

イラストレーターでペンツールを使わずに作る桜の作り方
イラストレーター初心者でも作れる桜のイラスト
花のイラストの描き方(イラストレーター)
ひまわりのイラストの描き方
栗のイラストの描き方(イラストレーター)
イラストレーターで作る簡単なクモの巣のイラスト
かすれスタンプ風に加工したイラストの作り方(Illustrator)
ハロウィンのかぼちゃのイラストの作り方(Illustrator)
矢印のイラストの作り方(イラストレーター)