DesignTips > 背景・パターン > イラストレーターでチェック柄の作り方

イラストレーターでチェック柄の作り方

イラストレーターでチェック柄の作り方

イラストレーターでチェック柄の作り方をご紹介します。

チェック柄は色の違う正方形が互い違いに並んだデザインです。したがって、1個1個正方形を作って並べればイラストレーターでチェック柄は作れます。しかし、それではあまりにも時間がかかってしまい非常に面倒です。なにかこう簡単にチェック柄を作ってしまう方法はないんでしょうか?

今回はイラストレーターの長方形グリッドツールとパターンを用いてチェック柄を作ります。長方形グリッドツールで一つのパターンを作っておいてそれを背景に適用させるわけですね。

作り方はとっても簡単です。ご覧ください。

Step01 長方形グリッドツールを選択する

イラストレーターでチェック柄の作り方開始

チェック柄を長方形グリッドツールを用いて作っていきます。

まずは、イラストレーターのツールバーで長方形グリッドツールを選択します。

Step02 長方形グリッドツールオプション

長方形グリッドツールオプション

長方形グリッドツールオプションが表示されますので上図のように設定します。

Step03 長方形グリッドツールが適用

長方形グリッドツールが適用

長方形グリッドツールが適用されました。

しかし、このままでは一つのオブジェクトのままなので、分割を行います。

Step04 オブジェクトを分割する

オブジェクトを分割

オブジェクトを選択して、パスファインダー(ウインドウ→パスファインダー)パネルを開き、分割をクリックします。

さらに分割されたオブジェクトのまま[右クリック→グループ解除]をクリックします。

オブジェクトが四つに分割されました!

Step05 イラストレーターでチェック柄を作成

イラストレーターでチェック柄の作成

いよいよチェック柄を作成します。

上図のように互い違いになるように塗りを適用させ、チェック柄にします。

色はお好きな色で結構です。例では白(#FFFFFF)と黒(#4D4D4D)を設定しました。

色を設定し終えたら、すべてのオブジェクトを選択しグループ化(右クリック→グループ)しておいてください。

Step06 チェック柄にパターンを設定する

チェック柄にパターンを設定

作成したチェック柄をパターン設定します。

オブジェクトを選択し、[編集→パターン設定]をクリックします。

Step07 新規スウォッチ

新規スウォッチ

新規スウォッチダイアログボックスが表示されますので、任意の名前を入力します。今回はチェックと名付けました。(初期値のままでも結構です。)

Step08 チェック柄がイラストレーターのスウォッチに登録された

チェック柄がイラストレーターのスウォッチに登録された

スウォッチパネル(ウインドウ→スウォッチ)を見てください。

作成したチェック模様がスウォッチに登録されました!

Step09 背景にチェック柄を適用

背景にチェック柄を適用

いよいよ背景にチェック柄を適用させます。

アートボードと同じ大きさの長方形を長方形ツールで描きます。

描いた長方形を塗りにして、スウォッチパネルで作成したチェックをクリックします。

イラストレーターでチェック柄が完成!

イラストレーターでチェック柄を作る方法完成!

背景にチェック柄が適用されました。

イラストレーターを使ってきれいなチェック柄の背景ができましたね。Step02の長方形グリッドオプションでサイズの大きさを変えると異なる大きさのチェック柄も作成できます。

また、ある柄をイラストレーターのスウォッチに登録することで一定のパターンをもつ模様の背景を作ることができます。今回は、背景の作成に非常に役立つTipsです。ぜひ一度作り方をマスターしてみて下さい!

関連記事:クラシックなパターン素材の作り方(イラストレーター)

この投稿文は次の言語で読めます: 簡体中国語, 英語, ドイツ語

立方体、直方体の作り方(イラストレーター)
イラストレーターでペンツールを使わずに作る桜の作り方
クラシックなパターン素材の作り方(イラストレーター)
人物シルエット(イラスト)を簡単に作成するTips
放射線状をイラストレーターで表現する方法
木のイラストの作り方(イラストレーター)
イラストレーターで飾り枠を簡単に作る方法
迷彩柄の描き方(イラストレーター)
Photoshopでインパクトある集中線の作り方