DesignTips > イラストレーター使い方講座 > イラストレーターで文字を加工、変形する方法

イラストレーターで文字を加工、変形する方法

イラストレーターで文字を加工、変形する方法

イラストレーターで文字を加工、変形する方法ご説明します。

大まかな流れは、①文字ツールで任意の文字を作成、②文字をアウトライン化、③グループ解除、④変形という流れです。文字の加工・変形はロゴ制作や見出しの作成など様々な場面で使います。

基本ですがイラストレーターで利用頻度の高いテクニックですのでしっかりマスターしましょう。

Step01 文字ツールで文字を入力する

イラストレーターの文字ツールで文字を入力

ツールバーにある文字ツールを選択します。

文字ツールを選択したら入力したい箇所にカーソルを合わせクリックします。カーソルが点滅しますのでお好きな文字を入力してください。

例では「The sky is the limit(可能性は無限だ!)」と入力してみました。

Step02 文字をアウトライン化する

文字をアウトライン化

さて、ここが今回のレッスンの肝です。文字をアウトライン化します。

Step01で文字を入力しましたが、このままでは文字を加工・変形することはできません。イラストレーターで文字を加工・変形するには文字をパス(図形)にする必要があります。これを文字をアウトライン化すると言います。

文字を選択ツールで選択し、[右クリック→アウトラインを作成](または書式→アウトラインを作成)をクリックします。

文字をアウトライン化することにより文字がパス(図形)に変わりますので、他のパス(図形)と同様に自由に文字を加工・変形することができます。

参考記事:イラストレーターの文字のアウトライン化について

Step03 アウトライン化されパスが生成された

アウトライン化されパスが生成

文字がアウトライン化されパスが生成されました。

上図を見ると文字のまわりに複数のパスが形成されています。文字を加工させたい場合はこのパスをダイレクト選択ツールを用いて変形させます。

Step04 個々の文字を変形、加工するには

個々の文字を変形、加工するには

文字がアウトライン化されましたが、アウトライン化された文字は一つのグループとなっています。したがって、このままではまだ個別の文字を変形することはできません。

個別の文字を変形させるにはグループを解除する必要があります。

選択ツールで文字を選択し、[右クリック→グループ解除](またはオブジェクト→グループ解除)をクリックします。

Step05 グループ解除され文字を自由に加工・加工できるようになった

イラストレーターで文字を自由に加工・加工できるようになった

グループが解除され、個々の文字を加工・変形がきるようになりました!

これで好きなように文字を加工や変形することができます。

個々の文字の色を変えたり、大きさを変えたり、ダイレクト選択ツールでパスを選択し、文字の一部を伸ばしたりなどお好きなように加工してみてください。

Step06 アレンジ

アレンジ

アウトライン化し、グループ解除した文字を変形、加工してみました。

上図例では、文字にワープ(効果→ワープ→円弧)を適用させ、それぞれの文字の色を変えてみました。また、Tの字の横棒をダイレクト選択ツールで右二つのパスを選択し、横に変形してみました。

アウトライン化し、グループ解除した文字は自由に加工・変形ができますので色々と試してみてください。

まとめ

イラストレーターで文字を加工、変形する方法(まとめ)

イラストレーターで文字を加工、変形する方法。いかがでしたか?

色々と書きましたが、要はフォントを入力→文字をアウトライン化→グループ解除でできます。イラストレーターでよく使うテクニックですのでしっかりマスターしてください。

また、イラストレーターで文字にグラデーションを適用させる方法でも同じ様なことを説明してますので、そちらも参考にしてみてください。

この投稿文は次の言語で読めます: 簡体中国語, 英語, ドイツ語

イラストレーターで文字に影をつける方法
オブジェクト(パス)に沿って文字を入力する方法(イラストレーター)
パスに沿って文字を入力する方法(Illustrator)
墨汁を飛び散らしたようなイラストの作り方(Illusutrator)
イラストレーターで文字にグラデーションを適用させる方法
イラストレーターでパスを結合・連結する方法
イラストレーターで不透明から透明になるグラデーションの作り方
イラストレーターで文字に縁取りを入れる方法
イラストレーターで写真の切り抜きを解説