DesignTips > デザインパーツ > イラストレーターで破線・点線の作り方

イラストレーターで破線・点線の作り方

イラストレーターで破線・点線の作り方

イラストレーターで破線・点線の作り方を説明します。

線パネルで破線・点線を作れることは知っていたけど、たぶんこの数値だったら。となんとなくで作っている方や、丸で作る点線の設定が苦手という方はぜひ参考にしてみて下さい。

今まで時間をかけてた破線・点線を作る作業が効率よくできますよ。

1. 破線の作り方
Step01 線パネルの設定

線パネルの設定

①線パネルの[線端:バット線端]にし、破線のボックスにチェックを入れます。
②[線分と間隔の正確な長さを保持]を選択します。
③線分・間隔に数値を入力し、線の長さ、線と線の間の長さを設定します。
[線分:線の長さ] [間隔:線と線の間の途切れた長さ]

④6つのマスに異なる数値を設定することで複雑な破線を作ることができます。
⑤間隔が未入力の場合は、手前の線分の長さと同じ長さになります。

Step02 破線を作る

破線を作る

①パスを選択します。
②線パネルの[線端:バット線端]にし、破線のボックスにチェックを入れます。
③線分・間隔に数値を入力します。

破線のバリエーション1

同じ線幅でも、線分・間隔の数値を変えるだけで、まったく違う破線が作れますね。

(関連記事:放射線状をイラストレーターで表現する方法

破線のバリエーション2

破線のバリエーション1

線幅を大きくして、線分の数値を小さくすると、縦長の破線が作れます。

2.点線の作り方
Step01 線パネルの設定

線パネルの設定

①線パネルの[線端:丸型線端]にし、破線のボックスにチェックを入れます。
②[線分と間隔の正確な長さを保持]を選択します。
③線分の数値を0ptに設定すると正円に、0pt以上にするとカプセル型の点線になります。
④線幅が丸の大きさになります。
⑤間隔は線幅よりも大きくします。
丸型線端の特長は、パスの始点・終点の両端から、線幅の大きさの1/2がはみ出します。点線の正円は、線幅の大きさの1/2の半円が2つ合わさって作られてます。

間隔の数値が線幅より小さいと、正円やカプセル型がつながったモコモコとした線ができ、間隔の数値が線幅より大きいと、正円やカプセル型が離れた点線を作ることができます。

線端がはみ出しているので、間隔の見た目は設定の数値より狭く見えます。

Step02 点線を作る

点線を作る

①線パネルの[線端:丸型線端]にし、破線のボックスにチェックを入れます。
②線分・間隔に数値を入力します。
③カプセル型の線分の数値は、両端の半円の間の長さになります。

点線のバリエーション1

点線のバリエーション1

間隔の数値を線幅の2倍にすると、等間隔の点線が作れます。

点線のバリエーション2

点線のバリエーション2

間隔の数値が線幅より小さいほど、重なったもモコモコとした線になります。

参考記事:イラストレーターで作るかわいいパステルカラーのフレーム

3.図形の枠を破線・点線で作った時に角を揃える方法(CS5から新機能)
破線・点線で作った枠の角が揃わない

破線・点線で作った枠の角がそろわない

図形の線を破線・点線にした場合、角がずれてきれてきれいに並ばない時があります。なるべくなら、角を揃えてきれいに仕上げたいですね。

破線・点線で作った枠の角を揃える

破線・点線で作った枠の角を揃える

線パネルの[長さを調節しながら、線分をコーナーや先端に合わせて整列]を選択します。この調整機能を使うと、イラストレーターが自動的に計算して破線の角を揃えてくれます。

今までブラシに登録してた作業が楽に行えますね

Photoshopでも点線・破線を作る方法をを紹介してますのでこちらも参考にして下さい。
(関連記事:Photoshopで点線・破線を作る方法

Photoshopで点線・破線を作る方法
イラストレーター クリップのイラストの描き方
人物シルエット(イラスト)を簡単に作成するTips
吹き出しイラストを作成する方法(イラストレーター)
矢印のイラストの作り方(イラストレーター)
曲線の矢印の描き方(発想の逆転編)
イラレで吹き出しイラストを作成する方法
角が丸い立方体の作り方(イラストレーター)
幅広いデザインで使えるシンプルなペーパータグの作り方(イラストレーター)