DesignTips > イラストレーター使い方講座 > イラストレーターのスウォッチ登録と読み込み方法

イラストレーターのスウォッチ登録と読み込み方法

イラストレーターのスウォッチ登録と読み込み方法

イラストレーターのスウォッチは、オリジナルの色、グラデーション、パターンを登録できる便利な機能です。

ただ、新規ドキュメントを開いた時や、ほかのドキュメントで使おうとしても、初期設定のスウォッチパネルになってしまいます。

今回はオリジナルのカラーをスウォッチパネルに登録する方法と、オリジナルカラーを登録したスウォッチパネルの読み込み方法(開き方)を説明します。

1. オリジナルカラーをスウォッチパネルに登録する方法

色を設定する方法はいくつかあります。

step01 色の設定
カラーパネルで色を設定する

カラーパネルで色を設定する

カラーパネルのカラースライダーを左右に動かすか、テキストボックスに数値を入力し、色を設定します。
下のカラーバーをクリックしても、色を設定することができます。

カラーピッカーダイアログボックスで色を設定する

カラーピッカーダイアログボックスで色を設定する

カラーパネルの塗りか線のカラーボックスをダブルクリックし、カラーピッカーダイアログボックスを表示します。カラーフィールドをクリックしながら、色を設定します。

写真(画像)から色を読み込む

写真(画像)から色を読み込む

スポイトツールを選択したら、写真(画像)の使いたい色の部分をクリックします。するとカラーパネルのカラーボックスがクリックした部分の色に設定されます。

Step02 スウォッチパネルにオリジナルカラーを登録する

スウォッチパネルにオリジナルカラーを登録する

色の設定ができたら、カラーパネルの塗りまたは線のカラーボックスを、スウォッチパネルにドラッグします。これで登録できます。

グラデーションもグラデーションパネルの、カラーボックスをドラッグすると登録できます。

2. カラーグループの作り方

カラーグループは、スウォッチパネルで複数のカラーをまとめてグループにしたものです。よく使う色事や、カテゴリー別に分けておくと便利です。

カラーグループの作り方

選択ツールですべてのオブジェクトを選択し、スウォッチパネルの新規グループをクリック。ダイアログボックスを表示します。名前を入力、上図の設定をして登録できます。

完成したイラスト(オブジェクト)からカラーグループを作る

完成したイラスト(オブジェクト)からもカラーグループが作れます。上図のようなたくさんのオブジェクト(イラスト)から色を登録する場合は、カラーグループにすると使いやすくなります。

3. オリジナルカラーを登録したスウォッチパネルを読み込む方法

スウォッチパネルはドキュメントごとに開かれるので、登録したカラースウォッチや、使いやすくしたスウォッチパネルは新規ドキュメントや、他のドキュメントになると開けません。

オリジナルのカラーを登録したり、使いやすく整理したオリジナルのスウォッチパネルを他のドキュメントで使いまわすには、スウォッチライブラリーとして保存します。

step01 スウォッチパネルのパネルメニューを開く

スウォッチパネルのパネルメニューを開く

スウォッチパネルのパネルメニューを開き、[スウォッチライブラリーをIllustoratorとして保存]を選択します。

step02 ダイアログボックスの設定

ダイアログボックスの設定

ダイアログボックスが開いたら、分かりやいようにファイル名を入力し保存します。

step03 オリジナルのスウォッチパネルを読み込む

オリジナルのスウォッチパネルを読み込む

スウォッチパネルのパネルメニューを開き、[ユーザー定義→読み込みをしたい名前を選択]すれば、登録したオリジナルのスウォッチパネルが表示されます。

(関連記事:クラシックなパターン素材の作り方(イラストレーター)

イラストレーターでパスを結合・連結する方法
イラストレーターで写真の切り抜きを解説
イラストレーターで文字に縁取りを入れる方法
画像の切り抜きを複数のオブジェクトでする方法(イラストレーター)
イラストレーターの文字のアウトライン化について
イラストレーターのリンク画像と埋め込み画像
イラストレーターのパスファインダーを今日から使いこなそう
イラストレーター ブレンドツールの基本的な使い方
イラストレーター 整列パネルの使い方③ 等間隔に分布編