DesignTips > イラスト > ノートと破けたノートのイラストの作り方(イラストレーター)

ノートと破けたノートのイラストの作り方(イラストレーター)

ノートと破けたノートのイラストの作り方(イラストレーター)

イラストレーターでノートのイラストの作り方を紹介します。

今回はリングノートとノートの一部が破れたイラストの作り方をやります。ノート用紙がたくさんあるように見せるためブレンド機能を使ったり、パーツの一部にナイフツールを使ってます。一見難しそうに感じるかもしれませんが作りやすいです。

ノートが破ける表現も簡単に作れるので、ぜひ覚えてほしいです。

Step01 2種類の図形を作り型抜きをする

2種類の図形を作り型抜きをする

説明時に見にくいので色は後で変更します。何色でもかまいません。

角丸長方形ツールで縦長の角丸長方形・長方形ツールで縦長の長方形を作ります。続いて長方形を上に重ねます。

[2つを選択→パスファインダー→前面オブジェクトで型抜き]をします。左側だけが角ばった長方形になりました。

※角丸長方形の丸い角が重ならなければ、角丸長方形を重ねてもかまいません。

Step02 ノートのオブジェクトの背面ペーストを2回繰り返す

ノートのオブジェクトの背面ペーストを2回繰り返す

ノートの表紙を作ります。

ノートのオブジェクトを選択し[コピー(Ctrl+C)→背面ペースト(Ctrl+B)]をします。これを2回繰り返します。ペーストした2つをノートより少し拡大します。

ペーストした2つのオブジェクトの色をそれぞれ変更します。上図のようにペーストした上のオブジェクト[#1a1a1a]、下のオブジェクト[#333333]に変更し2つとも非表示にします。

Step03 正円をブレンドツールで並べる

正円をブレンドツールで並べる

ノートの穴をあける正円を作ります。正円をノートの左上下に配置します。

[オブジェクト→ブレンド→ブレンドオプション]で設定したら、ブレンドを作成します。正円が並んだら拡張をして下さい。

設定する数値はノートのサイズに合わせて下さい。

Step04 ノートに穴をあける

ノートに穴をあける

[すべてを選択→パスファインダー→前面オブジェクトで型抜き]をします。これでノートに穴があきました。

Step05 リングノートのリングを作る

リングノートのリングを作る

楕円ツールで[塗り:なし・線あり]の輪を作ります。楕円の大きさが決まったらパスのアウトラインをします。

ナイフツールを選択し、上図のように輪の左下と右上を切り分けます。切り分けた右下の部分は使わないので削除します。

Step06 リングに線形グラデーションを適用する

リングに線形グラデーションを適用する

上図のグラデーションを設定し、リングにグラデーションを適用します。リングをコピーして下に配置したらグループ化します。グラデーションの位置はリングの形に合わせてく調整して下さい。

Step07 リングをブレンドツールで並べる

リングをブレンドツールで並べる

ノートの穴とリングの位置を調整します。位置が決まったらブレンドを作成・拡張しノートの穴に合わせてリングを並べます。

Step08 ノートを背面ペーストする

ノートを背面ペーストする

ノートのオブジェクトを選択し[コピー(Ctrl+C)→背面ペースト(Ctrl+B)]をします。2つの色を変更します。上図のように上の元のオブジェクト[#fdfdfd]、下のペーストしたオブジェクト[#666666]に変更します。

続いて、上図のように下のノートのオブジェクトを右下にずらします。

Step09 ブレンドツールでノート用紙を増やす

ブレンドツールでノート用紙を増やす
ブレンドを使って、色違い(グラデーション)のノート用紙を作ります。先ほどと同じようにブレンドを作成したら拡張をします。

これでノート用紙がたくさんあるように見えます。

Step10 ノートの表紙の位置を調整する

ノートの表紙の位置を調整する

Step02で非表示にしてたノートの表紙を表示します。一番下の表紙のオブジェクトを右下にずらします。もう一枚の表紙も位置を調整してかまいません。

これでリングノートの完成です。あとは好みでラインを引いたり、マス目を描いたりします。

ラインを引いたノートのイラスト

ラインを引いたノートのイラスト

無地のノートのイラストなので、好きなようにラインが引けます。ペンツールや直線ツール、点線・破線などをかいてみて下さい。イラストを載せてもいいですね。

参考記事:イラストレーターで破線・点線の作り方

Step11 ノートの破れを作る

ノートの破れを作る

鉛筆ツールで上図のような線を描きます。[効果→パスの変形→ラフ]。手で描くよりも簡単にギザギザができます。

納得いく形ができたらアピアランスを分割します。

Step12 破れたノートと破れたパーツを作る

破れたノートと破れたパーツを作る

[すべてを選択→パスファインダー→分割]をします。グループ解除をして破れたノートと破れたパーツに分けます。

破けたパーツがいらない場合は削除してください。

Step13 ノートの一部を破れかけたようにする

ノートの一部を破れかけたようにする

Step11・12の[分割]まで同じ工程になります。グループ解除はせずに、グループ選択ツールで小さいパーツを選択します。

回転ツールを選択したら、回転の中心を(Alt+クリック)し、好きな角度に回転します。これで、完全に破けたパーツではなく、ノートに破れかけた部分ができました。

破けたノートのイラスト

破けたノートのイラスト

鉛筆ツールで色々な線を描いて、破けたように見せてます。破けたパーツをわざと残して散らすのもいいですね。

今回は、ブレンドとパスファインダーをよく使いました。ブレンドツールは数を増やすだけでなくグラデーションのオブジェクトを作れるのも魅力ですね。

破れの作り方も、色々と形を変えて作ってみてください。ノートのイラストに付箋やメモ用紙も一緒にしてもいいですね。

参考記事:付箋のイラストの作り方(イラストレーター)

イラストレーター クリップのイラストの描き方
幅広いデザインで使えるシンプルなペーパータグの作り方(イラストレーター)
マウスで描く!黒板に書いたような手書き風文字の作り方(イラストレーター)
夏の夜空を彩る花火のイラストの作り方(イラストレーター)
角が丸い立方体の作り方(イラストレーター)
イラストレーターでペンツールを使わずに作る桜の作り方
クールなドッグタグのイラストの作り方(イラストレーター)
イラストレーターでペンツールを使わずに作る桜2
傘のイラストの作り方(イラストレーター)