DesignTips > 写真加工 枠・フレーム > ヴィンテージカメラファインダーの作り方 (Photoshop)

ヴィンテージカメラファインダーの作り方 (Photoshop)

ヴィンテージカメラファインダーの作り方 (Photoshop)

Photoshopでヴィンテージカメラのファインダーの作り方をご紹介します。

最近はこのような写真加工を簡単にしてくれる、スマートフォンのアプリがたくさんありますが、今回はあえてこのTTVを再現したようなカメラファインダーを作ります。

TTVとは「Through The View finder」の略で、ヴィンテージカメラの2眼レフカメラにある四角いファインダーに、デジタルカメラで覗くようにして撮影します。するとこのような四角いフレームとファインダーのレンズについたほこりやノイズが入った写真を撮ることができます。

今回はこのTTVを再現した四角いファインダーのフレームの作り方だけでなく、ほこりやノイズを写真に違和感なくなじませる方法もご紹介しています。

Step01 新規ファイルを塗りつぶし、パスを作成する

新規ファイルを塗りつぶし、パスを作成する

新規ドキュメント[500px×500px]を作成し、[#000000]で塗りつぶします。

角丸長方形ツールでパスを選択、上図の設定をし、パスを中心に配置します。

※写真のレイヤーは各工程が見やすいように配置しています。

Step02 選択範囲を作成し、レイヤーをカット・コピーする

選択範囲を作成し、レイヤーをカット・コピーする

パスを選択範囲として読み込みます。[右クリック→選択範囲をカット]をし、カットしたレイヤーをコピーします。

カット元のレイヤーが外枠になり、内側の四角でファインダーのレンズらしさを出します。

Step03 レイヤースタイルでファインダーの縁にビンテージ感を加える

レイヤースタイルでファインダーの縁にビンテージ感を加える

カットしたレイヤーを選択。黒い四角を見えなくするために[レイヤー効果:塗りの不透明度0%]にします。

Step04 レイヤースタイル光彩(内側)・光彩(外側)設定する

レイヤースタイル光彩(内側)・光彩(外側)設定する

レイヤースタイル光彩(内側)・光彩(外側)設定します。

被写体をレンズから見たときにできる、ゆがみや滲んだような表見を作ります。

Step05 コピーレイヤーにレイヤースタイルを設定する

コピーレイヤーにレイヤースタイルを設定する

カットしたレイヤーと同様に[レイヤー効果:塗りの不透明度0%]にします。光彩(内側)を設定し、2重の四角い枠を作ります。

続いて、自由変形(Ctrl+T)で[角度:1]に設定し、右に回転します。

レイヤースタイルを設定した状態

レイヤースタイルを設定した状態

ファインダーの枠の内側に、黒ずんだノイズと歪んだようなズレができました。合わせる写真によって効果が多少変わります。

Step06 2つのレイヤーにぼかし(放射状)を設定する

2つのレイヤーにぼかし(放射状)を設定する

カットしたレイヤーとコピーレイヤーに[フィルター→ぼかし→ぼかし(放射状)]を設定します。ぼかした部分がなじみ、丸みがあるファインダーができました。

Step07 ノイズを加える

ノイズを加える

新規レイヤーを[#939393]で塗りつぶした後、[フィルター→ノイズ→ノイズを加える]でノイズを加えます。

[描画モード:焼き込みカラー]・[不透明度:25%]に変更。細かいノイズが加わりヴィンテージ感が出ました。

Step08 ファインダーのほこりを作る

ファインダーのほこりを作る

新規レイヤーを[#000000]で塗りつぶします。今度はグレースケールで粗いノイズを作ります。

Step09 点画を設定する

点画を設定する

[フィルター→ピクセレート→点画]を設定後、200%拡大します。

Step10 ぎざぎざのエッジを設定する

ぎざぎざのエッジを設定する

[描画色:#ffffff]・[背景色:#000000]に設定します。

[フィルター→フィルターギャラリー→スケッチ→ぎざぎざのエッジ]を適用します。その後[描画モード:焼き込みカラー]に変更します。

これで、ファインダーについたほこりや汚れができました。

※Step08~10の各設定を変えて好みのほこりの大きさ・形を作ってください。ほこりが多すぎる時は消しゴムツールで消し下さい。

Step11 ぼかしフィルターでほこりをなじませる

ぼかしフィルターでほこりをなじませる

ぼかし(ガウス)で、ほこりにぼかしを加えます。ほこりの位置・大きさで数値を変えて下さい。

Step12 ファインダーにレンズカラーをつける

ファインダーにレンズカラーをつける

ヴィンテージ感を出すため新規レンズカラーを作成します。(例としてヤマブキ37%を使用)

これでビンテージカメラのファインダーは完成です。あとは好きな写真を合わせます。

※使用する写真にもよるので、写真を決めてから設定してもいいです。

Step13 完成したファインダーに写真を配置する

完成したファインダーに写真を配置する

ヴィンテージカメラで撮ったように見せるため、写真にぼかしフィルターを適用します。写真の使用したい部分をファインダー内に配置します。

[編集→変形→ワープ→魚眼レンズ]を設定し、写真が歪んでいるように見せます。

完成

ビンテージカメラファインダーの完成

ビンテージカメラファインダーの完成です。

アプリを使えば簡単にできる写真加工ですが、Photoshopであえて自分好みのビンテージファインダーを作るのもいいですね。ファインダーの汚れや黒ずみも好みなので、色々と設定を変えて楽しんでください。

一度ファインダーのフレームを作れば、あとは写真を差し替えればいいだけなので、何パターンか作っておくのもいいですね。

お好みで感光したような写真の加工を組み合わせても、いい味わいのヴィンテージファインダーができます。

参考記事:感光したような写真に加工する方法(Photoshop)

折り目のついたアンティーク加工の写真の作り方(Photoshop)
Photoshopで星雲と細かい星の作り方
感光したような写真に加工する方法(Photoshop)
ピンク系のスイートな雰囲気を作り出す写真の加工方法(Photoshop)
Photoshopで写真をレトロに加工する方法
Photoshopでシンプルな写真を絹目調に加工する方法
わずか1分! ピントが甘い写真をくっきり締りのある写真に補正(Photoshop)
ファッション広告のような部分的にカラーを残した白黒写真の作り方(Photoshop)
写真を幻想的な雰囲気に加工する方法(Photoshop)