DesignTips > デザインパーツ > ラベルテープ風パーツの作り方(Photoshop)

ラベルテープ風パーツの作り方(Photoshop)

ラベルテープ風パーツの作り方(Photoshop)

Photoshopでテープライターで作るラベルテープ風のパーツの作り方をご紹介します。

かちゃかちゃ文字盤をまわして文字を打つ・アナログ感いっぱいのラベルライター。プラスチックテープに凸凹の文字を打刻し、エンボス加工するテープです。文字はぷっくりと盛り上がり、盛り上がった文字は白くなります。

今回は、この凸凹した文字をレイヤースタイルを使ってエンボス加工を上手に表現したり、パスを使ってちぎれたテープを作ります。webパーツとして使ったり、ちょっとした写真加工のアクセントとして使ってみて下さい。

Step01 長方形を作成し文字を入力

長方形を作成し文字を入力

長方形ツールで長方形を作成し、文字を入力します。長方形[65mm×13mm]・文字[#ffffff][HGPゴシック,18pt]

※長方形の色や・フォントはお好きな種類で構いません。

Step02 レイヤースタイルで文字のエンボス加工を表現する

レイヤースタイルは、作る大きさによって多少変わってきます。使うフォントやテープの色でも表現が変わってくるので、数値は目安にして下さい。

レイヤースタイル:ベベルとエンボス

レイヤースタイル:ベベルとエンボス

レイヤースタイル:ベベルとエンボスで立体感を出します。シャドウモードの色は長方形(テープの色)と同じにします。少し濃いめの色にしても構いません。

レイヤースタイル:シャドウ(内側)

レイヤースタイル:シャドウ(内側)

描画モードの色は長方形(テープの色)と同じにします。少し濃いめの色にしても構いません。

レイヤースタイル:光彩(外側)

レイヤースタイル:光彩(外側)

レイヤースタイル:光彩(外側)で文字が盛り上がった部分の境目を作ります。

レイヤースタイル:ドロップシャドウ

レイヤースタイル:ドロップシャドウ

レイヤースタイル:ドロップシャドウで文字が盛り上がった部分の境目をさらに強調します。

レイヤースタイルで文字をエンボス加工にした状態

レイヤースタイルで文字をエンボス加工にした状態

文字が盛り上がったように見え立体感がでました。

Step03 テープの枠を白くし、プラスチックテープのように見せる

テープの枠を白くし、プラスチックテープのように見せる

プラスチックテープの特長のテープの枠の白い部分を、レイヤースタイル:光彩(内側)で作ります。

レイヤースタイル:光彩(内側)でテープの枠を白くした状態

レイヤースタイル:光彩(内側)でテープの枠を白くした状態

テープに細い白い枠ができました。

Step04 テープの両端をちぎれたような形にする

テープの両端をちぎれたような形にする

Step01で作成した長方形のレイヤーを選択します。ペンツールを選択し、オプションバーで[パス]に切り換え、[前面シェイプを削除]にチェックします。

ペンツールで上図のようなギザギザの形を作ります。パスが重なったところがなくなり、長方形がちぎれたような形になります。

ペンツールでテープの両端をちぎれたような形にした状態

ペンツールでテープの両端をちぎれたような形にした状態

テープの両端がちぎれたような形になりました。テープの長方形は変形しても、レイヤースタイルの適用は変わりません。

ラベルテープ風のパーツの作り方はこれで完成になります。あとは色々とアレンジを加えて下さい。

色々な色と形のラベルテープ

色々な色と形のラベルテープ

テープの色を変えたり、テープのギザギザを変えてみて下さい。ワープで丸まったようなカーブをつけるのもいいですね。デザインに何か物足りなさを感じたときなどに、ちょっとしたアクセントパーツとして使ってみて下さい。

ガラスの小瓶に立体的な文字を合成する方法(Photoshop)を参考にラベルテープを小物に合成してもいいですね。

かわいいプクプクシールの作り方(Photoshop)
写真をポラロイド風に加工する方法(Photoshop)
Photoshopでナチュラルなwebボタンを作る方法
ちょこっと凹んだ猫の足跡のデザイン(Photoshop)
黒板のイラストの作り方(Photoshop)
ブロンズプレート風フレームの作り方
Photoshopで作る凹凸ロゴとテクスチャ
草木の素材を円形に変形してフレームを作る方法(Photoshop CS6)
ピンク系のスイートな雰囲気を作り出す写真の加工方法(Photoshop)