DesignTips > Photoshop使い方講座 > Photoshopのブラシの基本

Photoshopのブラシの基本

Photoshopのブラシの基本

Photoshopのブラシの基本編です。

ブラシは奥が深いです。ブラシパネルではさまざまな設定ができるので、とても素晴らしい表現を作り出すことができます。ですが用語や設定値がいまいちで、何となく使ってる方も多いと思います。

今回は、まずブラシの基本としてオプションバーでブラシの設定をする方法をまとめました。

1.Photoshopのブラシとは

Photoshopにはあらかじめ、たくさんの種類の既存ブラシがあります。筆先だけでなく、スポンジのような質感があるもの、特殊ブラシという花や蝶などもあります。

Photoshopのブラシとは

Photoshopのブラシは、描画(ペイント)するためだけではありません。

「修復ブラシツール」、「コピースタンプツール」、「ヒストリーブラシツール」、「消しゴムツール」、「ぼかしツール」など、他のツールでも使い方は違いますがブラシを使います。

インターネット上にも、さまざまなブラシが配布されています。DLしたブラシファイルを読み込んで使用することもできます。

また、マウスの代わりにペンタブレットを使えば、マウスでは描けない細かい表現が出来ます。

2.ブラシで描画(ペイント)する

ブラシで描画(ペイント)する

「ブラシツール」を選択します。オプションバーのブラシプリセットをクリックし、ブラシプリセットピッカーを開きます。

すると、色々な種類のブラシが表示されます。使用するブラシをクリックして選択します。今回は[ソフト円]ブラシを選択。

ドラッグするとペイントをすることができます。直線はShiftキーを押しながら描きます。

3.ブラシの設定方法

オプションバーを使ってブラシの大きさや濃度などの設定、変更をします。オプションバーでは以下のような設定ができます。

直径・硬さ

ブラシの設定方法 直径・硬さ

直径:ブラシの大小のサイズを設定します。

硬さ:ブラシのボケ具合の調整(毛先にできるボケ加減)をします。数値を大きくするほど、周りがはっきりします。円形、四角形のみに使用できます。

モード

ブラシの設定方法 モード

レイヤーの描画モードと同じように、ブラシに直接描画モードを設定できます。

上図の上部にあるものが[乗算]、下部にあるものが[スクリーン]でブラシを重ねました。

不透明度・流量

ブラシの設定方法 不透明度・流量

不透明度:ペイントした色の不透明度を設定します。数値が低くなるほど透明になります。

クリックしたまま、ペイントを重ねても、重なった部分の色は変わりません。クリックしなおして、ペイントを重ねた部分が濃くなります。

流量:インクの流出速度(インクの量を調節するようなもの)を設定します。

クリックしたままペイントを重ねると、重なった部分の色が濃くなります。クリックしなおして、ペイントを重ねた場合も、重なった部分の色が濃くなります。

不透明度と違い、数値が低くなると、インクの量が少ないような、かすれたような表現になります。エアブラシの設定にも使います。

エアブラシ・筆圧

ブラシの設定方法 エアブラシ・筆圧

エアブラシ:エアブラシのようなボケ味あるペイントができます。

同じ場所でマウスを押していると、徐々に色が濃く広がります。ブラシの硬さ・不透明度・流量を使って調節します。

筆圧:ペンタブレットを使用して、ペンの筆圧を感知します。ブラシパネルで細かい設定をします。

4.ブラシの読み込み(追加)方法

初期設定では既存のブラシはすべて表示されていません。

既存のブラシを読み込む方法

既存のブラシを読み込む(追加)方法

ブラシプリセットピッカーのポップアップメニューを開きます。[カスタムブラシ~ウェットメディアブラシ]がブラシファイルになります。

ブラシファイルを選択し、[追加]または[置き換え]をします。

DLしたブラシを読み込む方法

DLしたブラシを読み込む(追加)方法

ブラシファイルの拡張子は「.abr」です。これ以外のものはPhotoshopのブラシとして読み込むことはできません。

DLしたファイルが圧縮されている場合は、読み込む前に解凍します。[ポップアップメニュー→ブラシファイルの読み込み]を選択します。読み込みをしたいブラシファイルを選択し完了です。

5.ブラシを作成し、登録する方法

ブラシシェイプのサイズは、CS5までは最大2500px×2500pxまで、CS6は最大5000px×5000pxまでです。
ブラシを作成し、登録する方法

新規ファイルのカラーモードを[グレースケール]、背景を[透明]に設定。

ブラシにしたい、イラストや形を作成したら、[編集→ブラシを定義]これでオリジナルのブラシが登録されます。

ブラシは色々な色で作成しても、登録する時に自動的にグレースケールになります。ただ、ペイントをした時に思ったようなボケや、濃度が出ない場合があります。これを防ぐため、登録する前にグレースケールに変更します。

カラーのイラストを使用する場合は[イメージ→モード→グレースケール]にします。

6.作成したブラシをブラシファイルとして保存する方法

作成したブラシをブラシファイルとして保存する方法

オリジナルのブラシは[ブラシを定義]するだけでは、初期化や、削除をするとPhotoshopからなくなってしまいます。ブラシを作成したら、必ずブラシファイルとしても保存します。

ブラシ専用フォルダーを作り[ポップアップメニュー→ブラシを保存]。これでブラシファイルが作成され保存されます。

7.ブラシを削除する方法

後で使うかもしれないと思うものは、ブラシを削除する前に、ブラシファイルとして保存されているか確認します。
ブラシを削除する方法

ブラシを整理する時や、必要のないブラシをまとめて削除する時は、[プリセットマネージャー]を使うと便利です。[ポップアップメニュー→プリセットマネージャー]で開き、Shiftキー、Ctrlキーを使ってまとめてブラシを削除します。

[ブラシプリセットピッカーのブラシを選択→右クリック→ブラシを削除]でもブラシは削除できます。

写真を切り抜く方法 1(Photoshop CS5)
Photoshopでセピア調の写真を作る方法
Photoshop 文字入力と基本操作
Photoshopで文字を加工する方法1
30秒で写真をセピアカラーにする方法2 (Photoshop CS5)
30秒で写真をセピアカラーにする方法3 (Photoshop CS5)
パペットワープがすごい!(Photoshop CS5)
Photoshopのシェイプツールの基本
Photoshopのグラデーションマップの使い方