DesignTips > イラストレーター使い方講座 > イラストレーターで文字にグラデーションを適用させる方法

イラストレーターで文字にグラデーションを適用させる方法

イラストレーターで文字にグラデーションを適用させる方法

イラストレーターで文字にグラデーションを適用させる方法を説明していきます。

よくあるミスなのですが、イラストレーターではフォントを入力して、そのままグラデーションを適用しようとしてもグラデーションは適用されません。入力したフォントをアウトライン化する必要があるんですね。

なんだかややこしそうですが、やり方は非常に簡単です。それでは具体的な方法を見ていきましょう。

Step01 イラストレーターで文字を書く

イラストレーターで文字を書く

文字ツールで適当な文字を書きます。

例では「WHY NOT?(もちろん!)」と入力してみました。

Step02  右クリック→アウトラインを作成

イラストレーターで文字入力

入力した文字をアウトライン化します。

選択ツールで文字を選択し、[右クリック→アウトラインを作成](書式→アウトラインを作成)をクリックします。

参考記事:イラストレーターの文字のアウトライン化について

Step03 文字がアウトライン化された!

文字がアウトライン化された

文字がアウトライン化されました!

よく見ると文字の周りにパスが生成されています。

文字をアウトライン化することで文字がパスに変わり、画像として扱えるようになったんですね。あとは文字にグラデーションを適用させるだけです。

Step04 文字にグラデーションが適用された!

イラストレーターの文字にグラデーションが適用

選択ツールで文字を選択し、グラデーションを適用させます。

文字をアウトライン化することでグラデーションが適用されました。なお、この文字は加工や変形もすることができます。

Step05 1文字1文字にグラデーションを適用させるには

1文字1文字にグラデーションを適用させるには

Step04で文字にグラデーションを適用させることが出来ましたが、1文字1文字に異なる色のグラデーションを適用させるにはグループを解除する必要があります。

文字を選択して[右クリック→グループ解除](オブジェクト→グループ解除)をクリックします。

Step06 グループが解除された

グループが解除

グループが解除されました。

これで1文字1文字に異なる色のグラデーションを適用することができます。

Step07 1文字1文字に異なるグラデーションを適用

イラストレーターで1文字ごとに異なるグラデーションを適用

1文字1文字に異なるグラデーションを適用させました。

まとめ

イラストレーターで文字にグラデーションを適用させる方法(まとめ)

結局、イラストレーターで文字にグラデーションをかけるにはアウトライン化する。これだけ覚えていただければ結構です。

アウトライン化した文字は画像と同じ扱いになるのでグラデーションがかけられるんですね。また、アウトライン化した文字は画像と同じ扱いになるので自由に変形や加工もできます。

文字の変形や加工に関しては、イラストレーターで文字を加工、変形する方法でも同じ様なことを説明してますので、そちらも参考にしてみてください。

この投稿文は次の言語で読めます: 簡体中国語, 英語, ドイツ語

イラストレーターのスウォッチ登録と読み込み方法
イラストレーターで文字に影をつける方法
イラストレーターでスケッチ風ロゴデザインを作成する方法
イラストレーターでパスを結合・連結する方法
イラストレーターで文字に縁取りを入れる方法
オブジェクト(パス)に沿って文字を入力する方法(イラストレーター)
パスに沿って文字を入力する方法(Illustrator)
イラストレーターで不透明から透明になるグラデーションの作り方
イラストレーターで文字を加工、変形する方法