DesignTips > 3D・立体 デザインパーツ > 3Dの球体にパターンとロゴを入れる方法(イラストレーター)

3Dの球体にパターンとロゴを入れる方法(イラストレーター)

3Dの球体にパターンとロゴを入れる方法(イラストレーター)

イラストレーターで3Dの球体にパターンとロゴを配置します。

3Dのマッピングという機能は、自分で作成したパターンやロゴを、立体的な3Dオブジェクトに配意することができます。

今回は3Dを使って球体を作ります。そこにチェック柄のパターンとロゴを球体の立体にそって配置します。シンボルにパターンやロゴを登録する方法も紹介していますので、せひチャレンジしてみて下さい。

Step01 正方形でチェック柄を作る

正方形でチェック柄を作る

正方形を作成し、移動ツール(Shift+Ctrl+M)で右横にコピーします。2つの正方形を選択し、今度は下にコピーします。

対角の正方形の色を設定しチェック柄にします。

(関連記事:イラストレーターでチェック柄の作り方

Step02 チェック柄のパターンを作る

チェック柄のパターンを作る

4つの正方形(チェック柄)を移動ツールで横にコピーします。(Ctrl+D)を8回繰り返してチェック柄を複製し、10個のチェック柄を並べます。

チェック柄のパターンの完成

横に並べたチェック柄を移動ツールで下にコピーします。(Ctrl+D)を3回繰り返してチェック柄を複製し、5列のチェック柄を並べます。

これでチェック柄のパターンの完成です。

Step03 チェック柄のパターンをシンボルに登録する

チェック柄のパターンをシンボルに登録する

並べたチェック柄をすべて選択し、シンボルパネルにドラッグして登録します。

Step04 ロゴを作成しシンボルに登録する

ロゴを作成しシンボルに登録する

ロゴを作成しアウトライン化します。チェック柄と同じくシンボルパネルにドラッグし登録します。

Step05 半円を作る

半円を作る

[塗り:ffffff・線:なし]に設定し、正円を作成したら、左のアンカーポイントを削除(Ctrl+X)します。これで半円ができました。

Step06 3Dで球体を作る

3Dで球体を作る

半円を選択し、[効果→3D→回転体]で3Dの回転体オプションを開きます。[位置:前面]にし、プレビューにチェックを入れたら、マッピングをクリックします。

Step07 マッピングのダイアログ「アートをマップ」を開く

マッピングのダイアログ「アートをマップ」を開く

プレビュー画面の濃いグレーのマス目は球体の裏面になり、明るいグレーは球体の表面になります。マス目の中心が、球体の表と裏の中心になります。

Step08 パターンを球体に配置する

パターンを球体に配置する

[シンボル:チェック柄]に設定します。このままだと球体の一部分にしかパターンが配置されないので「面に合わせる」をクリックします。すると、登録したチェック柄のパターンが球体全体に配置されました。

球体にパターンがきれいに配置された状態

球体にパターンがきれいに配置された状態

シンボルに登録したチェック柄のパターンが、立体的に配置されました。

※今回[表面の陰影は]設定していません。

Step09 球体のオブジェクトをコピーする

球体のオブジェクトをコピーする

ロゴを配置する球体を用意します。

球体のオブジェクトをコピー(Ctrl+C)→前面ペースト(Ctrl+F)します。ペーストした球体を選択し、アピアランスパネルの「3D回転体(マップあり)」をクリックします。

Step10 マッピングでロゴを配置する

マッピングでロゴを配置する

3Dの回転体オプションを開き、マッピングの「アートをマップ」を開きます。[シンボル:ロゴ]を選択し、プレビューを見ながら、ロゴの位置や大きさを調整します。

※アートにマップのダイアログは、角をドラッグして大きく表示できます。

球体にロゴが配置された状態

球体にロゴが配置された状態

球体にロゴが配置されました。まだ球体の塗りとパターンが一緒になっているので、パターンが表示されない状態になってます。

Step11 球体のパターンを表示させる

球体のパターンを表示させる

2つの球体をアピアランスを分割します。これでグループ化されます。ロゴの球体だけを選択し、グループ解除(Shift+Ctrl+G)をします。

参考記事:アピアランスを分割とはなんでしょうか?

クリッピングマスクを解除(Ctrl+Alt+7)

それぞれクリップグループになっているので、ロゴのクリップグループだけを選択し、クリッピングマスクを解除(Ctrl+Alt+7)します。

ロゴの球体のレイヤーの中から、ロゴの以外のレイヤーを削除(Ctrl+X)します。これで、ロゴの背景にチェック柄のパターンが見えるようになりました。

完成

3Dの球体にパターンとロゴの配置の完成

3Dの球体にパターンとロゴの配置が完成しました。

球体にパターンとロゴがきれいに配置されました。今回は球体だけですが、もちろん球体以外でもできます。パターンもチェック柄だけでなく、色々なパターンを配置してみて下さい。

今回、球体の陰影の設定はしませんでしたが、陰影をつけるともっと立体的になります。作成するものに合わせて、色々な設定を試してみて下さい。

幅広いデザインで使えるシンプルなペーパータグの作り方(イラストレーター)
角が丸い立方体の作り方(イラストレーター)
ノートと破けたノートのイラストの作り方(イラストレーター)
夏の夜空を彩る花火のイラストの作り方(イラストレーター)
メダルバッジを作る方法(イラストレーター)
イラストレーターでオリジナルのグランジ模様の作り方
図形ツールで作るレースの作り方(イラストレーター)
クールなドッグタグのイラストの作り方(イラストレーター)
グラデーションでメタリックなロゴの作り方(イラストレーター)