DesignTips > 背景・パターン > イラストレーターでタータンチェックのパターンの作り方

イラストレーターでタータンチェックのパターンの作り方

イラストレーターでタータンチェックのパターンの作り方

イラストレーターでタータンチェックのパターンを作ります。

タータンチェックのパターンはチェック柄と違い、斜めのラインを入れるので作るのが難しいですね。

タータンチェックのパターンの作り方は色々ありますが、今回は斜めに変形したオブジェクトを並べて作る方法です。初めは難しいですが、コツをつかむと模様の太さや位置を変えて、たくさんの種類を作る事ができます。

Step01 新規ドキュメントを作成する

新規ドキュメントを作成する

新規ドキュメント「400px×400px」のサイズにし、「新規オブジェクトをピクセルグリッドに整合」のチェックを外します。

Step02 定規とグリッドを表示する

定規とグリッドを表示する

オブジェクトを配置しやすいように定規とグリッドを使います。[表示→定規→定規を表示]、[表示→グリッドを表示]で2つを表示します。

Step03 太い模様に使う長方形を作成する

太い模様に使う長方形を作成する

タータンチェックの横の模様から作ります。模様の長方形はすべて[塗り:あり・線:なし]になります。

長方形ツールで「5px×60px」の長方形を作ります。シアーツールをダブルクリックし、水平に45°斜めに変形します。

Step04 斜めに変形したオブジェクトの配置

斜めに変形したオブジェクトの配置

斜めに変形したオブジェクトをドキュメントの左上の角に配置します。左上のアンカーポイントが「X:0px・Y:0px」の位置にくるようにします。

Step05 オブジェクトをコピーして並べる

オブジェクトをコピーして並べる

オブジェクトを選択し、移動ツール(Shift+Ctrl+M)で10px右にコピーします。選択したまま、(Ctrl+D)を44回してオブジェクトを一列に並べます。

これがタータンチェックの一番太い模様になります。

Step06 中太の模様に使うオブジェクトを作成する

中太の模様に使うオブジェクトを作成する

長方形ツールで「5px×30px」の長方形を作ります。Step03と同じくシアーツールで水平に45°斜めにします。斜めに変形したオブジェクトの左上のアンカーポイントが「X:0px・Y:80px」にくるように配置します。

Step07 オブジェクトをコピーして並べる

オブジェクトをコピーして並べる

Step05と同じく移動ツール(Shift+Ctrl+M)で10px右にコピー、(Ctrl+D)を41回し一列に並べます。これがタータンチェックの中太の模様になります。

Step08 細い模様に使うオブジェクトを作成する

細い模様に使うオブジェクトを作成する

長方形ツールで「5px×10px」の長方形を作ります。Step03と同じくシアーツールで水平に45°斜めにし、オブジェクトの左上のアンカーポイントが「X:0px・Y:190px」の位置にくるように配置します。

Step09 オブジェクトをコピーして並べる

オブジェクトをコピーして並べる

Step05と同じく移動ツール(Shift+Ctrl+M)で10px右にコピー、(Ctrl+D)を39回し一列に並べます。

Step10 細い模様を4本並べる

細い模様を4本並べる

Step09で並べたオブジェクトを選択します。移動ツール(Shift+Ctrl+M)で10px下にコピーし、(Ctrl+D)を2回します。全部で4本の細い模様ができました。

これでヨコの模様が完成です。

Step11 模様の色を設定する

模様の色を設定する

各模様の色を設定します。色は自由に設定して下さい。

Step12 オブジェクトをコピーしてタテの模様を作る

オブジェクトをコピーしてタテの模様を作る

すべてのオブジェクトを選択したら、リフレクトツールを選択します。一番上のオブジェクトの、左上のアンカーポイントを(Alt+クリック)し、-45°回転コピーします。

模様をタテにコピーした状態

模様をタテにコピーした状態

横の模様がタテにコピーされました。

ここで模様が重なっていない場合は、(Alt+クリック)した位置がずれているのでやり直してください。

Step13 タテの模様を下に移動する

タテの模様を下に移動する

タテの模様を選択したまま10px下に移動します。移動ツールか、カーソルで移動して下さい。

タテとヨコの模様が交差して、模様が交差する部分に正方形と長方形ができるようにして下さい。

タータンチェックの模様が完成

タータンチェックの模様が完成

タータンチェックのタテ・ヨコの模様ができました。次はベースの色を設定します。

Step14 タータンチェックのベースの色とガイドを作成する

タータンチェックのベースの色とガイドを作成する

タータンチェックのベースの色にするオブジェクトと、ガイド用のオブジェクトを作成します。

長方形ツールでドキュメントと同じサイズ「400px×400px」の正方形を2つ作ります。[塗り:#e60000]の正方形を模様のオブジェクトの後ろに配置し、[塗り・線なし]の正方形を最背面に配置します。
これでタータンチェックができました。

Step15 タータンチェックの模様をスウォッチに登録する

タータンチェックの模様をスウォッチに登録する

完成したタータンチェックのオブジェクトをすべて選択し、スウォッチパネルにドラッグします。これで、タータンチェックのパターンの完成です。

タータンチェックのパターンを適用した状態

タータンチェックのパターンを適用した状態

イラストレーターで作るパターンは、後でサイズや角度を変えても劣化しない良さがあります。さらにスウォッチパネルから取り出して、編集することもできるのでとっても便利な機能ですね。

(関連記事:オブジェクトの形を変えずに中のパターンだけを変形する方法 (Illustrator CS5)

イラストレーターでオリジナルのグランジ模様の作り方
イラストレーターで柊(ひいらぎ)のイラストを描く方法
かわいいプクプクシールの作り方(Photoshop)
Photoshopでとろ~りとろけたチョコがけクッキーイラストを作ろう
ノートと破けたノートのイラストの作り方(イラストレーター)
イラストレーターで写真をいくつもの丸で切り抜いたようなフレームの作り方
オリジナルのペイントブラシの作り方(Illusutrator)
イラストレーター クリップのイラストの描き方
夏の夜空を彩る花火のイラストの作り方(イラストレーター)