DesignTips > イラストレーター使い方講座 > イラストレーターの回転ツールの使い方 

イラストレーターの回転ツールの使い方 

イラストレーターの回転ツールの使い方

回転ツールは角度を指定してオブジェクトを回転したり、回転させたオブジェクトをコピーすることができます。オブジェクトを規則正しく円形に並べるときにとても便利な機能です。

Step01 回転ツールを選択する

回転ツールを選択する

オブジェクトを選択した状態で、「回転ツール」をダブルクリックし、回転ダイアログボックスを表示します。

Step02 回転ダイアログボックスを設定する

回転ダイアログボックスを設定する

回転ダイアログボックスの角度に、回転する角度を入力します。オブジェクトの中心が回転の基準点になるので、この基準点が回転軸になります。

角度の円の図の中を直接ドラッグしても、回転させることができます。

時計回り 反時計回り

[左回転(時計回り):1°~360°]・[右回転(反時計回り):-1°~-360°]になります。

回転するオブジェクトをコピーする

回転するオブジェクトをコピーする

角度を入力後、コピーをクリックします。入力した角度で、回転したオブジェクトがコピーされます。

オブジェクトの塗りにパターンを使用している場合

オブジェクトの塗りにパターンを使用している場合

オブジェクトの塗りにパターンを使用している時は、オブジェクトと塗りを別々に回転することができます。

回転ダイアログボックスに角度を入力後、「オブジェクトの変形」だけにチェックを入れると、オブジェクトだけが指定した角度に回転します。「パターンの変形」だけにチェックを入れると、パターンのみ指定した角度に回転します。

それぞれ、別々に回転コピーすることもできます。

(関連記事:オブジェクトを変形させずにパターンだけを変形させる方法

回転軸の位置を変更する方法

回転軸の位置を変更する方法

自動的にオブジェクトの中心が回転軸になりますが、回転軸の位置を変更することもできます。

オブジェクトを選択した状態で、回転ツールを一度だけクリックします。回転軸にする位置で[Alt+クリック]すると、基準点とダイアログボックスが表示されます。角度を入力、OKをクリックすると、変更した基準点を軸にオブジェクトが回転します。

お花のイラストを描くときに重宝します。

参考記事:プルメリアのイラストの描き方(イラストレーター)

イラストレーターのリフレクトツール(反転)の使い方
イラストレーターで文字を加工、変形する方法
イラストレーターで文字にグラデーションを適用させる方法
イラストレーターでパスを結合・連結する方法
画像の切り抜きを複数のオブジェクトでする方法(イラストレーター)
イラストレーターのクリッピングマスクの使い方
イラストレータのトンボの作成方法と使い方
イラストレーター 線パネルの使い方について
イラストレーターで背景を透明にしたイラストの保存方法