DesignTips > イラスト デザインの作り方 デザインパーツ > かわいいプクプクシールの作り方(Photoshop)

かわいいプクプクシールの作り方(Photoshop)

かわいいプクプクシールの作り方(Photoshop)

Photoshopでかわいいプクプクシールを作ります。

今回はレイヤースタイルを上手に組み合わせて、プクプクした立体感あるシールを作ります。イラストレーターで作成したオリジナルのイラストや、お気に入りのフォントもプクプクシールにできます。レイヤースタイルに登録すれば、いつでも使うことができます。

Step01 イラストを用意する

イラストを用意する

背景が透明なイラストを用意します。背景がある場合は切り抜きをして下さい。

こちらの素材は南の島と海の素材集のイラスト素材を使用しています。
(上記素材は同書籍を購入して使用しています。こちらの素材を使用する際は必ず同書籍を購入し使用して下さい。)

Step02 選択範囲を作成する

選択範囲を作成する

レイヤーサムネイルを[Ctrl+クリック]し、選択範囲を作成します。そのまま、[選択範囲→選択範囲を変更→拡張]し、続いて[滑らか]にします。

まだ選択範囲は解除しないで下さい。

Step03 イラストに縁を作る

イラストに縁を作る

イラストのレイヤーの下に、新規調整レイヤーのべた塗り(#ffffff)を作成します。イラストとべた塗りレイヤーを選択し、2つを結合(Ctrl+E)します。

これでイラストに白い縁ができました。

Step04 レイヤースタイルでイラストに立体感を出す

数値は目安です。イラストの大きさや絵柄で立体感のでかたが変わります。イラストを見ながら調整して下さい。

レイヤースタイル:ベベルとエンボス

レイヤースタイル:ベベルとエンボスでイラストに立体感を出す

立体感を作り出します。

レイヤースタイル:境界線

レイヤースタイル:境界線

イラストの周りにうっすら縁を作ります。

レイヤースタイル:シャドウ(内側)

レイヤースタイル:シャドウ(内側)

さらに立体感を出します。

レイヤースタイル:ドロップシャドウ

レイヤースタイル:ドロップシャドウ

影を作り、立体感あるシールに見せます。

これで、イラストにぷっくりした立体感が出ます。

完成

かわいいプクプクシールの作り方(Photoshop)完成

かわいいプクプクシールが出来上がりました。

立体感がでてぷっくりと盛り上がっているように見えます。よく使うレイヤースタイルは毎回設定するのは大変です。いつでも使えるように、お気に入りのレイヤースタイルは登録しておくと便利です。

イラストだけでなく文字を使って見出しやアクセントとして、幅広く使えそうですね。

こちらもチェック!:めくれたシールのイラストの作り方(イラストレーター)

ラベルテープ風パーツの作り方(Photoshop)
Photoshopでとろ~りとろけたチョコがけクッキーイラストを作ろう
ガーリーな雰囲気に最適!ふわふわのファーのテキストを作る方法(Photoshop)
Photoshopのレイヤースタイルで簡単にパールを作る方法
Photoshopで水滴のイラストをリアルに作る
ブロンズプレート風フレームの作り方
Photoshopでナチュラルなwebボタンを作る方法
黒板のイラストの作り方(Photoshop)
写真をポラロイド風に加工する方法(Photoshop)