DesignTips > 写真加工 > Photoshopで逆光写真を補正してメリハリのある写真にしよう

Photoshopで逆光写真を補正してメリハリのある写真にしよう

Photoshopで逆光写真を補正してメリハリのある写真にしよう

Photoshopで逆光の補正の仕方をご紹介します。

逆光の補正の仕方は、マスクを使用したり、トーンカーブを使ったりとその他数多くあります。被写体によっても調整の仕方が違いますし、逆光の度合いによっても変わってきます。

今回はシャドウ・ハイライトを使って簡単に逆光補正を仕上げます。

Step01 逆光補正する写真を用意する

逆光補正する写真を用意する

逆光で撮影したので、空以外、他すべてが暗くなっています。

Step02 シャドウ・ハイライトを表示する

シャドウ・ハイライトを表示する

[イメージ→色調補正→シャドウ・ハイライト]でダイアログを表示します。

シャドウ・ハイライトで補正する

画像を見ると、ある程度自動的に逆光補正されています。

ここで、暗い部分が明るくなりすぎた場合は、シャドウの値を小さくします。元から明るい部分を少し暗めにする場合は、ハイライトの値を大きくします。

Step03 カラー補正で鮮やかさをプラスする

カラー補正で鮮やかさをプラスする

シャドウ・ハイライトの補正だけでは、明暗の調整だけで、鮮やかさに物足りなさを感じることがあります。

そこで、画像に色味をプラスしてよりメリハリのある写真にします。ダイアログの「詳細オプション」にチェックを入れ、詳細部分を表示します。

シャドウ・ハイライトのカラー補正前後

カラー補正の値が大きいほど、鮮やかになります。画像を見ながら調整して下さい。

カラー補正後の画像を見ると、色味が加わり、全体に鮮やかになりました。

※シャドウ・ハイライトの「階調の幅・半径」は、値を大きくしすぎると、大げさな補正になるので注意してください。

完成

逆光写真の補正が完了

逆光写真の補正が簡単にできました。とても簡単にできたと思います。

暗くなっていた部分が明るくなり、色も鮮やかに出てます。補正の度合いは画像の逆光度合いによって変わってきます。必ずプレビューにチェックを入れ、画像を見ながら少しずつ調整して下さい。

今回はシャドウ・ハイライトで逆光補正をしましたが、補正の方法は色々あります。状況に応じて補正しやすい方法でやってみて下さい。

Photoshopで写真を絵画風にする方法
ガラスの小瓶に立体的な文字を合成する方法(Photoshop)
木目テクスチャの作り方(Photoshop)
金属テクスチャをPhotoshopで作る方法
Photoshopでアスファルトのテクスチャを作る
Photoshopで写真を線画にする方法
Photoshopで点線・破線を作る方法
1pxの手書き風ラインの作り方(Photoshop)
色かぶりした料理の写真を補正しておいしく見せる方法(Photoshop)