DesignTips > 写真加工 > 明るめに撮れた黒い被写体を艶や陰影をつぶさずに補正する方法(Photoshop)

明るめに撮れた黒い被写体を艶や陰影をつぶさずに補正する方法(Photoshop)

明るめに撮れた黒い被写体を補正して重厚感ある写真にする方法(Photoshop)

明るめに撮れた黒い被写体の黒色を深める補正をします。

SLや車など黒い被写体を撮影すると、見た時と違って明るく撮れてしまうことがあります。写真の主役の色がボケてしまうと、メリハリのない写真となってしまいますね。

今回はただ黒くするのではなく、被写体の艶や陰影をつぶさずに黒さを引き出す方法をご紹介します。

Step01 補正する写真を用意する

補正する写真を用意する

例として機関車の写真を補正します。

肝心の機関車の黒色が明るく撮れているため、鉄の塊といった重みが感じにくくなっています。この被写体の黒色を強調して、メリハリのある写真に仕上げます。

今回はshutterstockで購入した写真を使います。
(上記写真はshutterstockで購入した写真です。こちらの写真を使用する際は必ず同サイトで購入し使用して下さい。)

Step02 レベル補正でシャドウ・中間調を補正

[新規調整レイヤー→レベル補正]でダイアログを表示します。

(シャドウ)

レベル補正でシャドウ補正

画像の暗い部分をより暗めにします。黒色を強調するため「シャドウ」のスライダーを右に動かして調整します。

やりすぎないように、画像を見ながら少しずつ動かしてください。ここで無理に黒くしようとすると、被写体の陰影も黒くつぶされてしまうので、ほどよいところで終わらせます。

(中間調)

レベル補正で中間調補正

シャドウでは暗くなりすぎてしまう部分を「中間調」で調整します。「中間調」のスライダーを右に動かして、被写体全体の黒さを引き締めます。ここでも暗くしすぎないように少しずつ調整します。

(レベル補正の前後)

レベル補正の前後

補正前に比べて被写体の黒が強調されました。

Step03 特定色域の選択で黒色をより深める

特定色域の選択で黒色をより深める

画像の中の黒色のみを調整します。

[新規調整レイヤー→色域指定]で[カラー:黒]を選択。黒のスライダーを右に動かしながら、ちょうど良い色合いになるように調整します。画像の黒色のみを調整できるので、より黒さを深めることができます。

Step04 スマートシャープで被写体をくっきりさせる

スマートシャープで被写体をくっきりさせる

プレビュー表示を100%にします。[フィルター→シャープ→スマートシャープ]でダイアログを表示し、[量:200%][半径:1.2px][除去:ぼかし(レンズ)]に設定します。

プレビューを見ながら、画像が荒くならないように少しずつ調整します。量と半径の値を大きくしずぎると、画像のエッジ部分が不自然に目立つようになるので気を付けて下さい。

(スマートシャープの前後)

スマートシャープの前後

画像のエッジ部分が強調されて、輪郭がくっきりしました。機関車の塗装の状態や、金属らしい重みある艶がはっきりと現れてます。

完成

明るめに撮れた黒い被写体を補正して重厚感ある写真にする方法(Photoshop)完成

被写体の黒さが深まり重厚感ある写真に補正する事ができました。被写体の艶や陰影をつぶさずにきれいに補正ができたと思います。

黒い被写体を撮影するには、マイナスの露出補正をするときれいに撮ることができますが、被写体や背景にもよります。

もう少し明るく仕上げたい、もう少し暗く仕上げたいと、写真に物足りなさを感じるときは写真の補正はとても便利ですね。

Photoshopで写真の一部の色を違和感なく変更する方法
Photoshopで紅葉の写真をより鮮やかに補正する方法
色かぶりした料理の写真を補正しておいしく見せる方法(Photoshop)
かわいいプクプクシールの作り方(Photoshop)
Photoshopできれいに切り抜く!ふわっとした髪の毛の切り抜き方法
ラベルテープ風パーツの作り方(Photoshop)
1pxの手書き風ラインの作り方(Photoshop)
わずか1分! ピントが甘い写真をくっきり締りのある写真に補正(Photoshop)
ファッション広告のような部分的にカラーを残した白黒写真の作り方(Photoshop)