DesignTips > デザインパーツ > Photoshopでふんわり輝くキラキラブラシの作り方

Photoshopでふんわり輝くキラキラブラシの作り方

Photoshopでふんわり輝くキラキラブラシの作り方

Photoshopでふんわり輝くキラキラブラシを作ります。

Photoshoにはあらかじめ、キラキラのブラシでクロスハッチというブラシ登録されていますが、サイズが小さめなので大きくして使うと粗くなってしまいます。

今回は大きい画像にも使えるように大きめのサイズを作成します。キラキラのブラシの作り方はとても簡単で、アレンジもしやすいです。

Step01 グレースケールの新規ドキュメントを作成する

グレースケールの新規ドキュメントを作成する

[500px500px・グレースケール]のドキュメントを作成し、新規レイヤーを追加します。

例として最終的にブラシの大きさは450px程になります。

Step02 ブラシで横に線を描く

ブラシで横に線を描く

[ブラシ:ハード円・10px]で、Shiftキーを押しながら横に線を描きます。長さは300px程です。

Step03 ぼかしフィルターで両端をぼかす

ぼかしフィルターで両端をぼかす

[フィルター→ぼかし→ぼかし(移動)]で各設定をします。両端がぼけた線ができます。

Step04 レイヤーをコピーして線をクロスさせる

レイヤーをコピーして線をクロスさせる

横線のレイヤーをコピーします。自由円形(Ctrl+T)をして、Shiftキーを押しながら90°回転させます。

シンプルなクロスですが、このままクロスのキラキラブラシとして使うこともできます。

Step05 クロスしたレイヤーをコピーする

クロスしたレイヤーをコピーする

クロスしたレイヤーをコピーし、自由円形(Ctrl+T)をします。オプションパネルで「W:60%×H:60%」「角度:45°」に設定します。

斜めが短い8つクロスハッチができました。縮小前のクロスハッチと合わせて、ここでも2種類のクロスハッチがブラシとして使えます。

これだけでも十分キラキラブラシとして使えますが、もう少し手間を加えます。

Step06 クロスハッチの中心に輪を配置する

クロスハッチの中心に輪を配置する

新規レイヤーを作成し、「ブラシ:円形4・150px」(カスタムシェイプでも可能)をクロスハッチの中心に配置します。中心に輪があるのとないのでは、だいぶ雰囲気が変わりますね。

Step07 クロスハッチ全体をぼかす

クロスハッチ全体をぼかす

[フィルター→ぼかし→ぼかし(ガウス)]で、クロスハッチ全体をぼかします。これで、全体がふんわりと輝くクロスハッチになります。

Step08 オリジナルのキラキラブラシとして登録する

オリジナルのキラキラブラシとして登録する

背景レイヤーを非表示にします。[編集→ブラシを定義→名前を入力]でOKをクリックすると、オリジナルのキラキラブラシの登録ができます。

ブラシプリセットを見ると登録されたのが確認できます。

参考記事:Photoshopのブラシの基本

完成

Photoshopでふんわり輝くキラキラブラシの作り方

ふんわり輝くキラキラブラシが完成しました。ブラシの色は、任意で設定してください。

周りがふんわりとぼやけているので、レイヤースタイルを使わなくてもやわらかく発光しているように見えます。もちろんレイヤースタイルを追加してもっと発光しているように見せても素敵ですね。

各工程のパーツをブラシとして使えますし、角度を変えたり、色々なパーツをプラスしたりとさまざまなアレンジをすることができます。

基本のキラキラブラシをアレンジ

基本のキラキラブラシをアレンジ

各パーツの角度や大きさを変えたところに、ソフト円ブラシを追加しています。この他も、まだまだたくさんの種類を作ることができます。

ふんわり、くっきりは好みがあるので、ぼかし加減や、線の太さなど色々と試して作ってみてください。

角が丸い立方体の作り方(イラストレーター)
かわいいプクプクシールの作り方(Photoshop)
ちょこっと凹んだ猫の足跡のデザイン(Photoshop)
Photoshopでとろ~りとろけたチョコがけクッキーイラストを作ろう
Photoshopのレイヤースタイルで簡単にパールを作る方法
幅広いデザインで使えるシンプルなペーパータグの作り方(イラストレーター)
ミラーボールの作り方(Photoshop)
花柄背景の作り方を解説(Photoshop)
黒板のイラストの作り方(Photoshop)