DesignTips > デザインの作り方 背景・パターン > Photoshopでインパクトある集中線の作り方

Photoshopでインパクトある集中線の作り方

Photoshopでインパクトある集中線の作り方

Photoshopで集中線を作ります。

漫画で使うようなインパクトある集中線はイラストレーターで作る事が多いですが、今回はPhotoshopで集中線を作ります。

作り方はとても簡単です。作成後も集中線の本数や太さを調整する方法も紹介しています。

Step01 新規ファイルを作成する

新規ファイルを作成する

ファイルの大きさは、使用する目的に合わせて設定してください。

新規ファイルを作成し、背景レイヤーをダブルクリックをして通常のレイヤーに変更します。

参考記事:Photoshopのレイヤーの基本を説明

Step02 ノイズを加える

ノイズを加える

[フィルター→ノイズ→ノイズを加える]でダイアログを設定します。ノイズの量で集中線の密度が変わります。

Step03 スクロールフィルターを適用する

スクロールフィルターを適用する

[フィルター→その他→スクロール]でダイアログを設定して、タテのストライプ模様を作ります。垂直方向の値はファイルの縦の長さより大きくします。

Step04 極座標フィルターを適用する

極座標フィルターを適用する

[フィルター→変形→極座標]で放射線状にします。

極座標フィルターを適用する

これが集中線の元になります。あとは画像を配置する部分を切り抜きます。

Step05 放射線の中心に選択範囲を作成する

放射線の中心に選択範囲を作成する

漫画のような集中線として使うには、画像が見えるように穴をあけます。

「楕円ツール」で放射状の中心に、楕円形の選択範囲を作成します。続いてShift+F6で境界線をぼかします。配置する画像に合わせて、穴の位置・形は変えて下さい。

Step06 放射線の中心を切り抜く

放射線の中心を切り抜く

Shift+Ctrl+Iで選択範囲を反転します。レイヤーパネルの「レイヤーマスクを追加」のアイコンをクリックし放射線の中心をマスクし、穴が空いたように見せます。

この切り取った部分から、画像を見せるようにします。

レイヤーマスクを使用しているので、画像に合わせて集中線の穴の大きさなどが何度も修正できます。

完成

Photoshopでインパクトある集中線の作り方 完成

放射線の中心に穴が空いて、インパクトある集中線ができました。あとは、使用する画像に合わせて、集中線を調整します。もちろんこのまま使うこともできます。

Step07 集中線の本数を調整する

集中線の本数を調整する

レイヤーパネルで「新規調整レイヤー:レベル補正」を作成します。

集中線の本数を少なくするには、シャドウのスライダを左に移動します。集中線をさらに濃くする場合は、ハイライトのスライダを右に移動します。

Step08 本数を少なくした集中線の色を濃くする

本数を少なくした集中線の色を濃くする

レイヤーパネルの「新規調整レイヤー:特定色域の選択」を作成します。白色系・中間色系・黒色系の各スライダーを動かしながら、ちょうどいい色の濃さになるように調整します。

Step09 集中線と画像の合成の仕方

集中線と画像の合成の仕方

集中線のレイヤーを「描画モード:乗算」に変更します。集中線のレイヤーの下に画像を配置して完成です。

後はこれに、擬音を配置したり、アメコミのようなイラストを配置して個性的なイラストや写真を作ってみてください。

こちらもチェック!:放射線状をイラストレーターで表現する方法

Photoshopで星雲と細かい星の作り方
ヴィンテージカメラファインダーの作り方 (Photoshop)
折り目のついたアンティーク加工の写真の作り方(Photoshop)
配色を生かしたパターンの作り方(イラストレーター)
透明感のあるモザイク背景の作り方(Photoshop)
ザラついた質感の背景の作り方(Photoshop)
イラストレーターでチェック柄の作り方
Photoshop パターンの作り方(ドット)
スピード感のある背景イメージの作り方(Photoshop)