DesignTips > 写真加工 > ファッション広告のような部分的にカラーを残した白黒写真の作り方(Photoshop)

ファッション広告のような部分的にカラーを残した白黒写真の作り方(Photoshop)

部分的にカラーを残した白黒写真の作り方(Photoshop)

Photoshopで部分的にカラーを残した白黒写真を作ります。

白黒写真の一部だけをカラーにすると、印象を強く感じさせるデザインを作る事ができます。

そしてなによりも、とっても簡単に作る事ができます。部分的に残すモノやカラーによって印象が大きく変わるのでとても面白い写真加工ができます。

Step01 Photoshopで写真を開く

Photoshopで写真を開く
この写真の口紅の色を残した状態で、白黒写真を作ります。

今回はshutterstockで購入した写真を使います。
(上記写真はshutterstockで購入した写真です。こちらの写真を使用する際は必ず同サイトで購入し使用して下さい。)

Step02 写真を白黒にする

写真を白黒にする

最初に写真を白黒にします。

レイヤーパネルの調整レイヤーのアイコンをクリックして、新規の白黒調整レイヤーを作成します。これだけで写真が白黒になります。

Step03 ブラシでカラーにする部分を塗る

ブラシでカラーにする部分を塗る

レイヤーマスクサムネイルをクリックします。ブラシを選択し[間隔:1%]に設定したら、[描画色:#000000]になっていることを確認してください。

白黒写真でカラーにしたい部分をブラシで塗る

直接カラーにしたい色を塗るのではなくマスクで調整します。白黒写真でカラーにしたい部分を、ブラシでなぞるように塗っていきます。

塗りがはみ出したら、[描画色:#ffffff]に切り換えて塗りなおしてください。描画色を切り換えたりブラシのサイズを所々かえながら、カラーにしたい部分をどんどん塗っていきます。

こんな時はショートカットキーを使うと大変便利で作業効率も上がります。

ショートカットキー
描画色と背景色の切り換え X
ブラシを小さく [
ブラシを大きく ]

部分的にカラーにしたい部分がすべて塗れた

部分的にカラーにしたい部分をすべて塗ることができました。

参考記事:Photoshopのマスクの基本的な使い方

完成

部分的にカラーを残した白黒写真の作り方(Photoshop)完成

マスクを使用しているので、はみ出したりしても修正が楽に行えます。マスクのサムネイルを見るとカラーにした部分が黒く塗られているのが分かると思います。

白黒写真の一部がカラーになると、とてもインパクトのある写真になりますね。

Step04 白黒写真の調整をする場合

白黒写真の調整をする場合

残したカラーやモノの雰囲気に合わせて、白黒の調整をして下さい。好みもあるので、無理に調整する必要はないですよ。

違う部分を一部だけカラーにした白黒写真

ブレスレットの部分をカラーにした状態

ブレスレットの革の部分だけをカラーにしてみました。

瞳の部分だけカラーにした状態

こちらは瞳の部分だけをカラーにした状態です。

同じ写真でもカラーにする部分を変えると印象がとても変わります。ファッション誌で見る広告のように素敵な写真になりますね。

他にも、白黒写真にする方法がありますのでぜひ参考にしてみてください。

30秒で写真を白黒(モノクロ)にする方法3 (Photoshop CS5)

30秒で写真を白黒(モノクロ)にする方法2 (Photoshop CS5)
30秒で写真を白黒(モノクロ)にする方法3 (Photoshop CS5)
フォトショップで白黒写真を30秒で作る方法1
わずか3ステップ!ハイセンスな写真を簡単に作る方法(Photoshop)
写真を利用したコラージュの作り方(Photoshop)
Photoshopで写真の一部の色を違和感なく変更する方法
Photoshopの自動処理で複数の写真をパノラマ写真に仕上げる方法
イラストを布のシワに合わせて変形する方法(Photoshop)
Photoshopで星雲と細かい星の作り方