DesignTips > 写真加工 > Photoshopでプライバシーを守るために写真にモザイクをかける方法

Photoshopでプライバシーを守るために写真にモザイクをかける方法

Photoshopでプライバシーを守るために写真にモザイクをかける方法

Photoshopで写真の一部にモザイクをかけます。

Webサイトに写真を載せる時、プライバシーを守るために、顔や車のナンバー、周りのお家などにモザイクをかけることがあります。

Photoshopでは、そのモザイクをフィルターを使って簡単に処理することが出来ます。

また、モザイク処理は見せてはいけない部分を隠すだけでなく、あえて、わざと隠して「ここに何がるの?」と好奇心をくすぐる効果もあります。

Step01 Photoshopで写真を開く

Photoshopで写真を開く

今回はこの写真の後ろにいる、2人の男性にモザイクをかけます。

今回はLEE SNIDER PHOTO IMAGESで購入した写真を使います。
(上記写真はshutterstockで購入した写真です。こちらの写真を使用する際は必ず同サイトで購入し使用して下さい。)

Step02 モザイクをかける場所に選択範囲を作成する

モザイクをかける場所に選択範囲を作成する

長方形ツールでモザイクをかける場所に、選択範囲を作成します。

長方形ツールに限らず、対象物に応じて、なげなわツールなどで選択範囲を作成してください。

Step03 モザイクフィルターを適用する

モザイクフィルターを適用する

[フィルター→ピクセレート→モザイク]を選択し、ダイアログを表示します。プレビューを確認しながら、セルの大きさのスライダを左右に動かして、モザイクの大きさを調整します。

モザイク処理の完成

モザイク処理の完成

写真の一部にモザイクをかけることができました。

とても簡単にモザイク処理ができますね。元画像の大きさや対象物の大きさによって、モザイクのセルの大きさが変わります。

モザイクの大きさを比較

モザイクの大きさを比較

モザイクのセルの大きさは、大きいほど元の画像が判別しにくくなります。なのでセルの大きさが小さいと、何が隠されているのか分かってしまうので気を付けて下さい。

好奇心をくすぐるモザイク

好奇心をくすぐるモザイク

「ボク、ヒーローなんだ!」なんてタイトルで、モザイクがかかっていると、分かるまで「なんだろ?」と、わくわくします。こんな時は、わざと分かりやすいモザイクにしてもいいですね。

こんな感じで、まったく正反対に使うこともできるので、ぜひお試しください。

ファッション広告のような部分的にカラーを残した白黒写真の作り方(Photoshop)
Photoshopで写真を絵画風にする方法
凹凸感のあるアイコン素材の作り方
写真をミニチュア風に加工する方法(Photoshop CS6)
Photoshopで写真をスタンプ風に加工する方法
色かぶりした料理の写真を補正しておいしく見せる方法(Photoshop)
Photoshopで逆光写真を補正してメリハリのある写真にしよう
明るめに撮れた黒い被写体を艶や陰影をつぶさずに補正する方法(Photoshop)
Photoshopでインパクトある集中線の作り方