DesignTips > デザインパーツ > パステルカラーのフレームを可愛くイラストレーターで作る

パステルカラーのフレームを可愛くイラストレーターで作る

今回はイラストレーターでかわいいフレームの作り方をご紹介します。

フレームの中の文字や、イラストを変えたり、Photoshopでお子さんや、ワンちゃん、ネコちゃんとおうちのかわいいぺットの写真を組み合わせてもいですし、背景や飾りにも使えるかと思います。

作り方はとっても簡単です。むずかしいペンツールなんて使わず「楕円ツール」で作れますので、さっそく作り方を見ていきましょう。

Step01 正円を作る

正円を作る

上図の設定で正円を作ります。色は後で設定するので最初は何色でもいいですよ。

Step02 外側に円を増やす

外側に円を増やす

正円を4つ増やします。

上図のように[パス→パスのオフセット]で数値を設定し、元の円の外側に1つ円をつくります。これをあと3回繰り返して、外側に4つ増やして下さい。

今はまったく可愛げがないですが、これがかわいいフレームになりますよ。

Step03 モコモコの円を作る

モコモコの円を作る

円の縁をモコモコにします。

塗り・線とも色を設定し、一番内側の円を選んだら、線パネルの線と破線を上図のように設定し、外側のラインをモコモコした形にします。

まだ1つですが、かわいいフレームの感じが出てきました。

Step04 円のラインをドットにする

円のラインをドットにする

3つの円のラインをドットに変えていきます。

今度はStep03と違って外側だけドットのラインにするため、塗なし・線ありの設定にし、内側の円から線パネルの線と破線を上図のように設定しドットラインの円にします。

参考記事:イラストレーターで破線・点線の作り方

Step05 外側をモコモコにする

外側をモコモコにする

Step03と同じくモコモコにします。

一番外側の円を上図のように設定します。塗り・線とも色設定で。

これでも、十分かわいいフレームですが、あともう一工夫していきますね。

Step06 小さいドットのラインを作る

小さいドットのラインを作る

外側のフレームに小さいドットを飾るためコピー・ペーストします。

Step05で作った一番外側を選択して、(Ctrl+C)→(Ctrl+F)し、一番外側の上に前面ペーストします。

ペーストしたら上図のように線パネルの線の太さと破線を設定し、モコモコフレームの中に小さいドットを作ります。Step04と同じく塗なし・線ありで。

Step07 最後の仕上げ

最後の仕上げ

※上図はパスの状態が分かりやすいようにアウトライン表示してあります。

破線でモコモコの円とドットのラインを作りましたが、パスはまだ正円のままですのでパスのアウトライン化をします。(参考記事:イラストレーターの文字のアウトライン化について

[オブジェクト→パス→パスのアウトライン]すると上図の左のようなパスになります。真ん中の3つは見た目通りドットのパスになりましたね。でも、これではまだ一番内側と外側は正円とドットの組み合わせなので合体をします。

内側を(上図のレイヤーの一番上)選び<パスファインダー>の<合体>をクリックします。するとドットのラインと正円が一つになり見た目通りのモコモコの円になりました。一番外側も同じように行ってください。

完成

イラストレーターで作るかわいいパステルカラーのフレーム完成

これで完成です。どうでしたか?見た目よりすごく簡単だったと思います。

「楕円ツール」と「破線」だけでこんなにかわいいドットラインのフレームができました。

今回制作したカラーコードも載せましたが、色やドットの大きさを変えてかわいいフレームをたくさん作ってみて下さい。

この投稿文は次の言語で読めます: 簡体中国語, 英語

イラストレーターで写真をいくつもの丸で切り抜いたようなフレームの作り方
傘のイラストの作り方(イラストレーター)
メタリックな星のイラストの作り方(イラストレーター)
ペンツールを使わずに作る雪の結晶のイラスト(Illusutrator)
イラストレーターでオリジナルのグランジ模様の作り方
夏の夜空を彩る花火のイラストの作り方(イラストレーター)
ノートと破けたノートのイラストの作り方(イラストレーター)
消しゴムツールで作るランダム模様(Illustrator)
迷彩柄の描き方(イラストレーター)