DesignTips > イラスト デザインの作り方 > イラストレーターで輪のオブジェクトを交差する方法

イラストレーターで輪のオブジェクトを交差する方法

イラストレーターで輪のオブジェクトを交差する方法

イラストレーターで輪のオブジェクトを交差する方法をご紹介します。

輪のオブジェクトを交差させ、鎖のように繋がっているように見せます。今回はシンプルな正円の輪で作りますが、この方法を覚えておくと、応用としてチェーンや五輪の輪など色々なイラスト・素材を作ることができます。

Step01 塗りなしの正円で輪のオブジェクトを作る

塗りなしの正円で輪のオブジェクトを作る

「楕円形ツール」で塗りなしの正円を作ります。([線幅:20pt]に設定しました)

[オブジェクト→パス→パスのアウトライン]でアウトライン化をします。これで、ドーナツのような輪のオブジェクトができました。

参考記事:複合パスとは?(Illustrator)

Step02 輪のオブジェクトを重ね分割する

輪のオブジェクトを重ね分割する

輪のオブジェクトをコピーし、分かりやすいように色を変えます。2つの輪を交差するように重ねたら、[パスファインダー→分割]をします。

参考記事:イラストレーターのパスファインダーを今日から使いこなそう

Step03 交差する部分の色を変える

交差する部分の色を変える

オブジェクトが交差している部分を「ダイレクト選択ツール」で選択します。「スポイトツール」で、もう一つの輪のオブジェクトをクリックして、同じ色に変更します。

完成

イラストレーターで輪のオブジェクトを交差する方法完成

輪のオブジェクトを交差することができました。

交差させるオブジェクトを増やすと、チェーンや五輪マークなどが作れますし、知恵の輪のようなイラストも作る事ができます。また背景の模様として、輪が交差した不思議な雰囲気のパターンを作る事もできます。

形や色を変えてみるとなかなか面白いものが作れます。練習を兼ねて色々とチャレンジしてみてください。

イラストレーターでペンツールを使わずに作る桜の作り方
立方体、直方体の作り方(イラストレーター)
マウスで描く!黒板に書いたような手書き風文字の作り方(イラストレーター)
イラストレーターでコウモリのイラストの描き方
ペンツールを使わずに作るシンプルなハートの作り方1(Illustrator)
栗のイラストの描き方(イラストレーター)
お花のイラストの作り方
矢印のイラストの作り方(イラストレーター)
木のイラストの作り方(イラストレーター)