DesignTips > イラストレーター使い方講座 > イラストレーター 整列パネルの使い方① オブジェクトの整列編

イラストレーター 整列パネルの使い方① オブジェクトの整列編

イラストレーター 整列パネルの使い方① オブジェクトの整列編

イラストレーターでデザインを行う際、「オブジェクトなどの位置を正確に揃える」ということはとても重要な事です。整列パネルを使用すると、簡単に複数のオブジェクトを揃えたり、均等な間隔に並べることもできます。

整列パネルにはいくつかの役割があるので、今回は整列パネルの「整列」についてまとめました。

1. 整列パネルとは?

整列パネルとは?

整列パネルとは、オブジェクトなどを正確な位置で揃えたり、等間隔で並べたりすることができるパネルです。

整列パネルの役割を大きく分けると、「オブジェクトの整列」「オブジェクトの分布」「等間隔に分布」の3つがあります。

オブジェクトの整列

「オブジェクトの整列」では、選択したオブジェクトを指定した軸に沿って並べます。基準にする位置は6種類あり、オブジェクトの上下左右の端や中央を基準にします。

2. 整列パネルの表示方法と各ボタンの名称

整列パネルの表示方法と各ボタンの名称

整列パネルの表示方法は[ウィンドウ→整列]またはShift+F7でパネルを表示します。

各ボタンの名称:オブジェクトの整列
①水平方向左に整列
②水平方向中央に整列
③水平方向右に整列
④垂直方向上に整列
⑤垂直方向中央に整列
⑥垂直方向下に整列

※今回、ボタンの説明は整列のセクションのみになります。

3. 整列パネルでオブジェクトを整列する方法

整列パネル オブジェクトの整列の使い方

オブジェクトを整列する方法は、[整列させる複数のオブジェクトを選択し、「オブジェクトの整列」から目的に合ったボタンをクリック]します。

ここでは「水平方向中央に整列」を選択しました。

【水平方向に整列】オブジェクトをタテに揃えて並べるときに使用します。
整列パネルでオブジェクトを整列する方法 水平方向に整列

・水平方向左に整列:オブジェクトの左端を軸に、タテに揃います。
・水平方向中央に整列:オブジェクトの中心を軸に、タテに揃います。
・水平方向右に整列:オブジェクトの右端を軸に、タテに揃います。

※「水平方向に整列」という名前ですが、軸はタテになります。間違えやすいので、ボタンの絵で覚えるといいと思います。

【垂直方向に整列】オブジェクトをヨコに揃えて並べる時に使用します。
整列パネルでオブジェクトを整列する方法 垂直方向に整列

・垂直方向上に整列:オブジェクトの上端を軸に、ヨコに揃います。
・垂直方向中央に整列:オブジェクトの中心を軸に、ヨコに揃います。
・垂直方向下に整列:オブジェクトの下端を軸に、ヨコに揃います。

※「垂直方向に整列」という名前ですが、軸はヨコになります。間違えやすいので、ボタンの絵で覚えるといいと思います。

4. 特定のオブジェクトを基準にして整列する方法

基準にするオブジェクトの事を「キーオブジェクト」と呼びます。
特定のオブジェクトを基準(基準)にして整列する方法 キーオブジェクト

特定のオブジェクトを動かさずに、そのオブジェクトを基準にして整列させる事もできます。

①複数のオブジェクトを選択します。②選択した状態のまま、基準にするオブジェクトだけをクリックします。③続いて目的の整列ボタンをクリックします。これでキーオブジェクトを基準にオブジェクトが整列します。

例として「水平方向中央に整列」を使用しました。

画像の切り抜きを複数のオブジェクトでする方法(イラストレーター)
イラストレーター 線パネルの使い方について
イラストレーター ブレンドツールの基本的な使い方
イラストレーター グリッドの基本的な使い方と設定方法
図形を組み合わせでフレームを簡単に作る方法(イラストレーター)
めくれたシールのイラストの作り方(イラストレーター)
縁取りの文字の隙間を埋める方法(イラストレーター)
夏の夜空を彩る花火のイラストの作り方(イラストレーター)
イラストレーター 松のイラストの描き方