DesignTips > イラストレーター使い方講座 > イラストレーター 整列パネルの使い方② オブジェクトの分布編

イラストレーター 整列パネルの使い方② オブジェクトの分布編

イラストレーター 整列パネルの使い方①オブジェクトの分布編

整列パネルはオブジェクトを正確な間隔で配置したり、揃えて並べたりする時に、とても重宝する機能です。前回の整列パネルでは「オブジェクトの整列」についてまとめました。

今回は「オブジェクトの分布」についてまとめています。

1.整列パネル:オブジェクトの分布とは?

整列パネル:オブジェクトの分布とは?

オブジェクトの分布は、選択した複数のオブジェクトを、指定した基準の位置から均等な間隔で配置します。基準にする位置は6種類あり、オブジェクトの上下左右の端や中央を基準にします。

2. 整列パネル:オブジェクトの分布の各ボタンの名称

整列パネル:オブジェクトの分布の各ボタンの名称

オブジェクトのどの位置を基準にして、複数のオブジェクトを均等に配置するかを決めるボタンです。

各ボタンの名称:オブジェクトの分布
①【垂直方向上に分布】
②【垂直方向中央に分布】
③【垂直方向下に分布】
④【水平方向左に分布】
⑤【水平方向中央に分布】
⑥【水平方向右に分布】

こちらもチェック!:イラストレーター 整列パネルの使い方① オブジェクトの整列編

3. オブジェクトの分布の使い方

オブジェクトの分布の使い方は、[複数のオブジェクトを選択し、整列パネルの「オブジェクトの分布」の各ボタンをクリック]します。

選択した基準の位置からの間隔で、オブジェクトが均等に配置されます。両端のオブジェクトは動かずに、中間のオブジェクトが移動して間隔を均等にします。

【垂直方向に分布】
オブジェクトの分布の使い方 垂直方向に分布

・垂直方向上に分布:各オブジェクトの上端を基準にして、オブジェクトが均等に配置します。
・垂直方向中央に分布:各オブジェクトの中央を基準にして、オブジェクトが均等に配置します。
・垂直方向下に分布:各オブジェクトの下端を基準にして、オブジェクトが均等に配置します。

【水平方向に分布】
オブジェクトの分布の使い方 水平方向に分布

・水平方向左に分布:各オブジェクトの左端を基準にして、オブジェクトが均等に配置します。
・水平方向中央に分布:各オブジェクトの中央を基準にして、オブジェクトが均等に配置します。
・水平方向右に分布:各オブジェクトの右端を基準にして、オブジェクトが均等に配置します。

4. オブジェクトの分布の間隔を指定する方法

オブジェクトの分布の間隔を指定する方法

キーオブジェクト設定すると、オブジェクトを配置する距離を決めることもできます。

まずは[複数のオブジェクトを選択→キーオブジェクトをクリック]します。選択した状態で[値を入力→分布方向を選択]します。これで、指定した基準の位置から設定した間隔でオブジェクトが配置されます。

イラストレーター 整列パネルの使い方① オブジェクトの整列編
画像の切り抜きを複数のオブジェクトでする方法(イラストレーター)
イラストレーター 線パネルの使い方について
イラストレーター ブレンドツールの基本的な使い方
イラストレーター グリッドの基本的な使い方と設定方法
図形を組み合わせでフレームを簡単に作る方法(イラストレーター)
めくれたシールのイラストの作り方(イラストレーター)
縁取りの文字の隙間を埋める方法(イラストレーター)
夏の夜空を彩る花火のイラストの作り方(イラストレーター)