DesignTips > 写真加工 > 画像をパスで切り抜く方法(Photoshop)

画像をパスで切り抜く方法(Photoshop)

画像をパスで切り抜く方法(Photoshop)

Photoshopでパスを使って画像の切り抜きを行います。

カメラや雑貨など境界線の輪郭を滑らかに切り抜きをしたい時は、パスを使うときれいに切り抜くことができます。

ペンツール使うので、ペンツールの扱いが苦手な方は少し難しいと思いますが、くっきりした形で切り抜きを行うには最適な切り抜き方法です。

Step01 Photoshopで切抜きをする写真を開く

Photoshopで切抜きをする写真を開く

今回切り抜く対象物は上図のカメラになります。

輪郭がはっきりしていない髪の毛のような切り抜きと違い、背景と被写体の境界線がはっきりしているので、ペンツールで切り抜く対象物が囲みやすくなります。

(関連記事:Photoshopできれいに切り抜く!ふわっとした髪の毛の切り抜き方法

今回はshutterstockで購入した写真を使います。
(上記写真はshutterstockで購入した写真です。こちらの写真を使用する際は必ず同サイトで購入し使用して下さい。)

Step02 ペンツールで切り抜く対象物を囲む

ペンツールで切り抜く対象物を囲む

ペンツールを選択し、オプションバーでパスを選択します。

対象物の輪郭に沿ってパスを作成します。対象物の境界線をパスでをきれいに囲めるように、拡大表示(Ctrl+Spaceキー)をします。拡大表示をしたままパスを作成していると、境界線を間違えてしまうことがあります。途中、縮小表示をして、対象物の境界線があっているかを確認しながらパスを作成してください。

カーブや細かい凸凹した部分は後で調整します。

アンカーポイントの位置を調整
アンカーポイントの位置を対象物の輪郭に沿うように調整

対象物をパスで囲み終えたら、拡大表示をして全体を確認します。特にカーブや凸凹した部分は作業がしにくい部分です。「パス選択ツール」などでアンカーポイントの位置を対象物の輪郭に沿うように調整します。

Step03 パスから選択範囲を作成する

パスから選択範囲を作成するパスを保存

きれいにパスで対象物を囲むことができたら、画像を切り抜くために選択範囲を作ります。

パスパネルを確認すると、「作業用パス」が作られています。この「作業用パス」をダブルクリックし、パスを保存します。

※「パスの保存」は新規でパスを作成した時に上書きされないようするためです。

パスを選択範囲に変更
パスを選択範囲として読み込む

続いて、パスパネルの「パスを選択範囲として読み込む」をクリックします。パスが選択範囲に変わり対象物が選択範囲で囲まれているのが分かります。

Step04 対象物を切り抜く

対象物を切り抜く

選択範囲が作成された状態で、[編集→カット]→[編集→ペースト]をすると、新規のレイヤーに切り抜かれた対象物がペーストされます。

パスを使った画像の切り抜きの完成

パスを使った画像の切り抜きの完成

パスを使って画像を切り抜くことができました。

ペンツールは使い慣れるまで大変ですが、今回のようにカーブや直線がある対象物を切り抜くには便利なツールです。ペンツールの練習を兼ねてぜひチャレンジしてみて下さい。

今回のパスを使った画像の切り抜きは写真を利用したコラージュの作り方(Photoshop)で使用しているので、こちらもチェックしてみて下さい。

写真を利用したコラージュの作り方(Photoshop)
Photoshopできれいに切り抜く!ふわっとした髪の毛の切り抜き方法
写真を幻想的な雰囲気に加工する方法(Photoshop)
折り目のついたアンティーク加工の写真の作り方(Photoshop)
写真をポラロイド風に加工する方法(Photoshop)
ヴィンテージカメラファインダーの作り方 (Photoshop)
色かぶりした料理の写真を補正しておいしく見せる方法(Photoshop)
明るめに撮れた黒い被写体を艶や陰影をつぶさずに補正する方法(Photoshop)
わずか1分! ピントが甘い写真をくっきり締りのある写真に補正(Photoshop)