DesignTips > イラスト デザインパーツ > イラストレーターで竹のイラストの描き方

イラストレーターで竹のイラストの描き方

イラストレーターで竹のイラストの描き方

イラストレーターで竹のイラストを描きます。

お正月や和の縁起物のイラストに使える竹のイラストを作ります。

「松竹梅」で組み合わせる梅と松のイラストは以前ご紹介しましたので、今回は竹のイラストになります。

竹のイラストは挿絵として使うだけでなく、ブラシに登録するのでフレームとして使うこともできます。

Step01 楕円ツールで竹の葉を作る

楕円ツールで竹の葉を作る

大きい楕円[15px×44px][線幅:1pt]・小さい楕円[2px×34px]を作成したら、2つのオブジェクトの上下の端を「アンカーポイントの切り換えツール」で尖らせます。

2つのオブジェクトを重ね、中心と上端を揃えます。

Step02 竹の葉を回転ツールで左右にコピーする

竹の葉を回転ツールで左右にコピーする

「回転ツール」を選択し、オブジェクトの一番上をAlt+クリックし、[左:40°][右:-40°]でコピーします。真ん中のオブジェクトを選択し最前面に移動します。

Step03 竹を作る

竹を作る

[長方形:60px×14px]・[角丸長方形:4px×18px角丸3px」で2つのオブジェクトを作り、タテヨコの中心を揃え重ねます。

Step04 竹をブラシに登録する

竹をブラシに登録する

竹を「ブラシパネル」にドラッグし、パターンブラシに登録します。

Step05 線に竹のブラシを適用する

線に竹のブラシを適用する

「直線ツール」で線を描き、竹のブラシを適用します。するとまっすぐ伸びた竹ができます。これに竹の葉をバランスよく配置します。

円形の竹のフレームを作る

円形の竹のフレームを作るには、「楕円ツール」で正円を描き竹のブラシを適用します。

大きさ違いの竹のフレームを組み合わせる場合は、「パスのオフセット」を使います。今回は内側に一回り小さい竹のフレームを作りました。あとはこのフレームに竹の葉のイラストを配置します。

(関連記事:パステルカラーのフレームを可愛くイラストレーターで作る

竹のイラストの完成

竹のイラストの完成

竹のイラストが完成しました。

今回はイラストとして使うだけでなく、和の素材のフレームとしても使うことができますね。

イラストレーターで竹のイラストの描き方完成

竹のフレームに梅と松のイラストと組み合わせたり、背景として使用したりと使い方は様々です。

使用する目的に合わせて、各イラストの色を変更して、より和の素材の魅力をアップさせてみて下さい。

こちらもチェック!:梅のイラストの作り方(Illusutrator)イラストレーター 松のイラストの描き方

イラストレーター 松のイラストの描き方
和の素材 雪輪文様のイラストの作り方(イラストレーター)
ペンツールを使わずに作る雪の結晶のイラスト(Illusutrator)
イラストレーター初心者でも作れる桜のイラスト
花のイラストの描き方(イラストレーター)
お花のイラストの作り方
ひまわりのイラストの描き方
太陽のイラストの作り方(イラストレーター)
梅のイラストの作り方(Illusutrator)