DesignTips > イラストレーター使い方講座 > イラストレーターで文字に縁取りを入れる方法

イラストレーターで文字に縁取りを入れる方法

イラストレーターで文字に縁取りを入れる方法

イラストレーターで文字に縁取りを入れる方法をご紹介します。イラストレーターで文字に縁取りを入れるには[パスのオフセット]と呼ばれる機能を使います。

[パスのオフセット]とは、パスの外側に指定された値の分だけパスを太らせることができる機能です。今回はこの[パスのオフセット]を文字に適用させて文字に縁取りを入れていきます。

Step01 文字ツールで文字を入力する

イラストレーターで文字ツールで文字を入力する

最初に[文字ツール]で適当な文字を入力します。

カラーはお好きな色を設定してください。例では薄いピンク系の色を設定しました。

Step02 文字のアウトラインを作成

文字のアウトラインを作成

縁取りをするには文字をアウトライン化させます。

文字を選択し、[右クリック→アウトラインを作成]をクリックします。

参考記事:イラストレーターの文字のアウトライン化について

Step03 文字がアウトライン化された

文字がアウトライン化された

文字がアウトライン化されました。

文字をアウトライン化することで、文字を画像と同じように扱うことができます。これで文字に縁取りを入れる準備が整いました。

Step04 文字にパスのオフセットを適用

文字にパスのオフセットを適用

さて、いよいよ文字に縁取りを適用させます。

文字を選択し、[オブジェクト→パス→パスのオフセット]をクリックします。

Step05 パスのオフセットの設定

パスのオフセットの設定

[パスのオフセット]ダイアログボックスが開きますので、上図のように設定します。(プレビューにチェックを入れることで、パスのオフセットの状態を確認しながら設定できます。)

Step06 文字にパスのオフセットが適用された

パスのオフセットで縁取りを適用

文字にパスのオフセットが適用され、縁取りが生成されました。(パスは選択されたままにしておいて下さい。)

Step05とStep06の文字の太さの違いを見て下さい。設定した5px文だけ文字のパスが太ったことが分かります。これがパスのオフセットの効果です。

Step07 文字の縁取りの色を設定する

文字の縁取りの色を設定

最後に、文字の縁取りの色を変えます。

パスが選択された状態のまま、カラーピッカーをクリックし任意の色を決めます。お好きな色を設定してください。ここで設定した色が縁取り部分の色となります。

まとめ

イラストレーターで文字に縁取りを入れる方法(まとめ)

文字の縁取りに色が適用されました。

以上が文字に縁取りを入れる方法です。やり方は簡単でしたね。

Step05の[パスのオフセットの設定]で色々なオフセットが設定できます。プレビューを見ながら様々なオフセットの効果を確認してみて下さい。

関連記事:イラストレーターで文字に影をつける方法

関連記事:イラストレーターで文字を立体的に飛び出させるTips

この投稿文は次の言語で読めます: 簡体中国語, 英語

メダルバッジを作る方法(イラストレーター)
イラストレーターで文字にグラデーションを適用させる方法
イラストレーターでパスを結合・連結する方法
イラストレーターで不透明から透明になるグラデーションの作り方
オブジェクト(パス)に沿って文字を入力する方法(イラストレーター)
パスに沿って文字を入力する方法(Illustrator)
イラストレーターで文字を加工、変形する方法
イラストレーターで文字に影をつける方法
イラストレーターの回転ツールの使い方