DesignTips > イラストレーター使い方講座 > イラストレーターで文字に影をつける方法

イラストレーターで文字に影をつける方法

イラストレーターで文字に影をつける方法

イラストレーターで文字に影をつける方法をご紹介します。

イラストレーターで文字に影をつける機会は結構ありますよね。ロゴタイトルや見出し、タイポグラフィなど様々な場面で必要とされるテクニックです。

イラストレーターで文字に影をつけるには[ドロップシャドウ]を使います。今回はその[ドロップシャドウ]の使い方を順を追って解説していきます。

Step01 イラストレーターで文字を入力する

イラストレーターで文字を入力する

イラストレーターを開き、適当な文字を入力します。

Step02 アウトラインを作成する

アウトラインを作成

影を作成する前に、イラストレーターで文字のアウトラインを作成します。

文字を選択して、[右クリック→アウトラインを作成]をクリックします。

参考記事:イラストレーターの文字のアウトライン化について

Step03 文字がアウトライン化された!

文字がアウトライン化された

文字がアウトライン化されました。

イラストレーターで文字をアウトライン化することで、文字を画像と同じように扱うことができます。これで影をつける準備が整いました。

Step04 ドロップシャドウで影をつける

ドロップシャドウで文字に影をつける

さて、いよいよ文字に影をつけます。

イラストレーターで文字を選択し、[効果→スタイライズ→ドロップシャドウ]をクリックします。

Step05 ドロップシャドウの設定

ドロップシャドウ(影)の設定

[ドロップシャドウ]のダイアログボックスが開きますので、上図のように設定し、OKをクリックします。(プレビューボタンにチェックを入れることで、実際の影のかかり具合を見ることができます。)

Step06 文字に影がついた!

文字に影がついた

ドロップシャドウが適用され、文字に影ができました。

まとめ

イラストレーターで文字に影をつける方法(まとめ)

イラストレーターで文字に影をつける方法はいかがでしたでしょうか?

イラストレーターで影を作る方法は簡単でしたね。Step05の[ドロップシャドウ]のダイアログボックスの設定で様々な影を作ることができます。

プレビューを見ながら色々な影を作ることができるので、ぜひお試しください。

関連記事:イラストレーターで文字に縁取りを入れる方法

関連記事:イラストレーターで文字を立体的に飛び出させるTips

この投稿文は次の言語で読めます: 簡体中国語, 英語

イラストレーターで文字を立体的に飛び出させるTips
イラストレーターで文字に縁取りを入れる方法
コルクボードのイラストデザイン(イラストレーター)
イラストレーター ブレンドツールの基本的な使い方
立方体、直方体の作り方(イラストレーター)
縁取りの文字の隙間を埋める方法(イラストレーター)
Fireworksでボタンを作成する方法
イラストレーターで文字を加工、変形する方法
パスに沿って文字を入力する方法(Illustrator)