DesignTips > 背景・パターン > Photoshop パターンの作り方(ドット)

Photoshop パターンの作り方(ドット)

Photoshop パターンの作り方

Photoshopでパターンの作り方を説明していきます。

パターンは一度作り方をマスターしてしまえば、背景やテクスチャなど色々と使えます。作品の幅も広がりますね。

複雑でつなぎ目のないパターンもありますが、今回は一番簡単に作れる縦横一列に並んだ手ぬぐいの模様のようなドットのパターンを作っていきます。作り方はとっても簡単!ぜひチャレンジしてみて下さい~

Step01 新規ファイル作成

新規ファイル作成

パターンを作成するためにPhotoshooで新規ファイルを作ります。今回は[200pixel×200pixel]ですが、作る模様によってサイズを変えて下さい。

Step02 定規の表示

定規の表示

ガイドを使うため定規を表示します。

[表示→定規]でチェックを入れるとウィンドウの上端・左端に定規が表示されます。

Step03 ガイドを表示

ガイドを表示

中心を作るためPhotoshopのガイドを表示させます。

上図のようにカーソルを左端の定規に合わせ矢印がでたらドラッグします。ドラッグしていると中心で自然と止まります。縦のガイドも同じように行います。

Step04 パターンにする円を作る

パターンにする円を作る

さて、準備が整いました。いよいよでパターンの作り方を解説していきます。

「楕円形ツール」で円を作り、円の中心とガイドで作った中心を合わせて下さい。

Step05 背景を消す

背景を消す

円(ドット)だけをパターンに登録したいので、背景レイヤーの目のアイコンをクリックし背景を非表示にします。(参考:Photoshopのレイヤーの基本を説明

Step06 画像の変換

画像をラスタライズ

シェイプで円を作っているとそのままではパターン登録ができないので[レイヤー→ラスタライズ→シェイプ]で変換します。

Step07 Photoshopのパターンに登録

Photoshopのパターンに登録

いよいよパターンに登録します。[編集→パターンを定義]これで登録されました。

Photoshopパターン 完成!

Photoshop パターンの作り方完成

Photoshopでパターンを背景に適用させてみました!

[800pixel×600pixel]のドキュメントを登録したパターンで塗りつぶすとこんな感じに仕上がります。

背景は登録されていないので、パターンの背後の背景色を変えたり、他のパターンや画像を重ねることもできます。

アレンジ

パターンの作り方(Photoshop)アレンジ

色を変えてアレンジしてみました。いかがでしたか?作り方はさほど難しくなかったかと思います。

今回はPhotoshopでパターンの登録の仕方を中心に解説したので簡単なドットにしましたが、画像や配色、配置の仕方でたくさんのオリジナルのパターンができます。

複雑なパターンの作り方は難しいので、始めは簡単な模様で色々とお試しで作ってみて下さいね。

関連記事:シームレスなパターンの作り方(Photoshop)

関連記事:花柄背景の作り方を解説(Photoshop)

この投稿文は次の言語で読めます: 簡体中国語, 英語

1つのパターンからドットと斜線背景を作る方法(Photoshop)
Photoshop 水面のテクスチャの作り方
1pxの手書き風ラインの作り方(Photoshop)
Photoshopで水滴のイラストをリアルに作る
シームレスなパターンの作り方(Photoshop)
草木の素材を円形に変形してフレームを作る方法(Photoshop CS6)
花柄背景の作り方を解説(Photoshop)
色かぶりした料理の写真を補正しておいしく見せる方法(Photoshop)
Photoshopで作る凹凸ロゴとテクスチャ