DesignTips > Photoshop使い方講座 写真加工 > Photoshopで丸く切り抜いた写真の境界線をぼかす方法

Photoshopで丸く切り抜いた写真の境界線をぼかす方法

Photoshopで丸く切り抜いた写真の境界線をぼかす方法

Photoshopで丸く切り抜いた写真の境界線をぼかす方法を説明します。

写真を切り抜いて挿絵やポストカードに使う時、ただ切り抜いただけだとなんだか平凡。そんな時、切り抜いた写真の境界線の周りに少しでもぼかしが入るだけで見た目が変わり、雰囲気がよくなりますね。

形は色々とできますが、今回は簡単に丸く切り抜く方法で説明していきます。

Step01 Photoshopで写真を開く

Photoshopで写真を開く

切り抜きをしたい写真を用意します。

Step02 写真の切り抜きたい部分を丸く囲む

写真の切り抜きたい部分を丸く囲む

「楕円形選択ツール」で<Shiftキー>を押しながら正円を作り、切り抜きたい部分を囲みます。

Step03 選択範囲の調整

Step03 選択範囲の調整

選択範囲の調整をするためダイアログを表示させ[選択範囲→境界線を調整]でダイアログを表示します。

Step04 境界線をぼかす

境界線をぼかす

写真の縁を見ながらぼかしのスライダーを右に動かし境界線をぼかし、ちょうどいいぼかし加減になったらOKをクリックしてください。

Step05 選択範囲の反転

選択範囲の反転

このままだと切り抜きたい部分が消えてしまうので、[選択範囲→選択範囲を反転]で選択範囲を反転させます。

Step06 丸く切り抜く

丸く切り抜く

[編集→カット]で写真を丸く切り抜きし、丸い縁にぼかしがかかりました。

完成

Photoshopで丸く切り抜いた写真の境界線をぼかす方法 完成

これで完成です。ただ、切り抜くだけより周りにぼかしを加えるとだいぶ感じがかわりますね。今回は周りを消したので、なくなった部分が背景色になってます。

ペーストしたい場合は、Step04後に新規レイヤーに[編集→コピー→ペースト]します。

今回は丸でしたが色々な形で切り抜いたり、写真によってはぼかし加減が変わってきますので色々とアレンジしてみて下さい。

関連記事:Photoshopのぼかし(ガウス)を使った背景のぼかし

この投稿文は次の言語で読めます: 簡体中国語, 英語

Photoshopのぼかし(ガウス)を使った背景のぼかし
Photoshopで古いレトロ風な写真に仕上げる方法
Photoshopで段ボールのテクスチャを作る
写真をトイカメラ風に加工する方法(Photoshop)
Photoshopでシンプルな写真を絹目調に加工する方法
写真を切り抜く方法 1(Photoshop CS5)
画像の角度修正でできる空白を補う方法(PhotoshopCS5)
パペットワープがすごい!(Photoshop CS5)
写真の不要な部分を消す方法(Photoshop CS5)