DesignTips > Photoshop使い方講座 写真加工 > フォトショップで白黒写真を30秒で作る方法1

フォトショップで白黒写真を30秒で作る方法1

フォトショップで白黒写真を30秒で作る方法1を紹介します。

セピアカラーと同じくカメラの機種によっては白黒(モノクロ)モードが搭載されてますが、普通にとったカラー写真を後から白黒(モノクロ)加工したい。そんな時に便利ではないでしょうか?

白黒にする方法はいくつかありますが、今回はその中の一つを説明していきたいと思います。

Step01 フォトショップで写真を開く

フォトショップで写真を開く

カラーの写真を用意して下さい。今回はfotoliaで購入した写真を使います。

(上記写真はfotoliaで購入した写真です。こちらの写真を使用する際は必ず同サイトで購入し使用して下さい。)

Step02 写真を白黒にする

写真を白黒(モノクロ)にする

写真を白黒にします。[イメージ→モード→グレースケール]でダイアログが表示されるので、「破棄」を選択してください。

これで、写真は白黒(モノクロ)になりました。

Step03 白黒の色の調整

白黒の色の調整

白黒(モノクロ)になりましたが木の色が濃すぎるので少し調整します。

[イメージ→色調補正→レベル補正]で真ん中の中間色のスライダーを左に少し移動します。

補修の前後

補修の前後

白黒写真(モノクロ)にした補修前と補修後のイメージです。木の色が少し明るくなって見やすくなりました。

モノクロにする前後

モノクロにする前後

カラーと白黒(モノクロ)だと、同じ写真でもだいぶ雰囲気が変わります。

完成

フォトショップで白黒写真を30秒で作る方法1完成

どうでしたか?簡単にできたと思います。

ただし、グレースケールは白黒で表示されるため、明暗の調整しかできません。カラー情報を破棄しているので、後から他のカラー編集をしようとしてもできないので注意して下さい。

写真によって調整の度合いも違ってきます。調整する時は写真を見ながら調整し、いい雰囲気の白黒(モノクロ)写真を作って下さいね。

この投稿文は次の言語で読めます: 簡体中国語, 英語

30秒で写真を白黒(モノクロ)にする方法2 (Photoshop CS5)
30秒で写真を白黒(モノクロ)にする方法3 (Photoshop CS5)
折り目のついたアンティーク加工の写真の作り方(Photoshop)
写真の不要な部分を消す方法(Photoshop CS5)
写真を切り抜く方法 1(Photoshop CS5)
Photoshopで写真の傾きを補正する方法
Photoshopで丸く切り抜いた写真の境界線をぼかす方法
30秒で写真をセピアカラーにする方法2 (Photoshop CS5)
30秒で写真をセピアカラーにする方法3 (Photoshop CS5)