DesignTips > テクスチャ > 金属テクスチャをPhotoshopで作る方法

金属テクスチャをPhotoshopで作る方法

金属テクスチャをPhotoshopで作る方法

金属テクスチャをPhotoshopで作る方法を説明していきたいと思います。今回はヘアラインと呼ばれる一方向に細かいラインがあるシンプルな金属のテクスチャですから、色々と使い勝手がいいと思います。

金属の特徴のメタリックな質感を簡単な方法で作りだしていきますので、さっそくその作り方を見ていきましょう。

Step01 金属のテクスチャのベースになる色に塗りつぶす

金属のテクスチャのベースになる色に塗りつぶす

新規ファイルを作り[レイヤー→新規塗りつぶしレイヤー→べた塗り]で上図のカラー設定で塗りつぶします。出来上がりの金属のテクスチャはこの色より少し明るめになります。

塗りつぶしの状態

塗りつぶしの状態

アートボード全体が設定色に塗りつぶされました。

Step02 粒状フィルターを使う

粒状フィルターを使う

ダイアログボックスが開く前に「ラスタライズをしますか?」と表示されるので「OK」をクリックして下さい。

塗りつぶしたレイヤーに[フィルター→アーティスティック→粒上フィルム]を適用します。

粒上フィルム適用

粒上フィルム適用

粒状フィルムのフィルターを適用し、砂のような質感にします。このフィルターが金属のヘアラインの特徴を出すポイントになります。

Step03 ぼかし(移動)で金属のヘアラインの質感を出す

ぼかし(移動)で金属のヘアラインの質感を出す

さて、いよいよ金属の質感を出していきたいと思います。

[フィルター→ぼかし→ぼかし(移動)]で上図の設定します。

ぼかし(移動)フィルター適用

金属のテクスチャ ヘアラインの完成

砂状が横に伸びるように移動しました。これで金属のテクスチャ、ヘアラインの完成です。あとは、色の調整をしていきます。

Step04 明るさの調整

明るさの調整

レイヤーパネルの白黒のアイコン(調整レイヤーを新規作成)をクリックし、で上図のように設定し、Step04より色を明るく調整します。

色は明るくなりましたが、まだ金属の質感が出ていないのでもう少し調整します。

(関連記事:Photoshopのレイヤーの基本を説明

Step05 グラデーションで金属らしいメタリックな質感を出す

グラデーションで金属らしいメタリックな質感を出す

グラデーションサンプルをクリックし、上図のように[色・位置・角度・不透明度]を設定し、グラデーションで金属らしいメタリックな質感を出します。

(関連記事:Photoshopでグラデーションをプロっぽく仕上げる方法

金属テクスチャ 完成

金属テクスチャをPhotoshopで作る方法

金属のテクスチャが完成しました。グラデーションをつけたことで、より金属らしいメタリックな質感がでましたね。金属にはいろいろな種類がありますが、作りやすい一番シンプルなものをご紹介しました。

今回はシルバー色ですが、色相・彩度を使って色を調整しアレンジをしてみるのもいいですね。

この投稿文は次の言語で読めます: 簡体中国語, 英語

Photoshopでアスファルトのテクスチャを作る
Photoshop 水面のテクスチャの作り方
Photoshopで作る凹凸ロゴとテクスチャ
Photoshop パターンの作り方(ドット)
Photoshopで段ボールのテクスチャを作る
和紙のテクスチャをPhotoshopで作る方法
木目テクスチャの作り方(Photoshop)
布テクスチャの作り方(Photoshop)
ザラついた質感の背景の作り方(Photoshop)