DesignTips > テクスチャ > Photoshopで段ボールのテクスチャを作る

Photoshopで段ボールのテクスチャを作る

Photoshopで作る段ボールのテクスチャ

今回はPhotoshopで段ボールのテクスチャの作り方をご紹介します。

段ボールのボコボコした部分を表現してありますから、文字やハートなどの図形のパターンとして使ってもいいですね。

写真を配置して、スクラップブック風にしても面白いと思いますからさっそく作り方を見ていきましょう。

Step01 新規べた塗りレイヤーで塗りつぶす

新規べた塗りレイヤーで塗りつぶす

上図のカラー設定をした後、新規べた塗りレイヤーで全体を塗りつぶします。

関連記事:Photoshopのレイヤーの基本を説明

塗りつぶしの状態

塗りつぶしの状態

設定した描画色で塗りつぶした状態です。

Step02 粒上フィルム

粒上フィルム

[フィルター→アーティスティック→粒上フィルム]を上図の設定をし適用します。

「ラスタライズしますか?」の表示がでますので「OK」を選択してください。

粒状フィルムの状態

粒状フィルムの状態

粒状フィルムを適用させた状態です。細かいノイズが入りました。

Step03 ハーフトーンパターン

ハーフトーンパターン

[フィルター→スケッチ→ハーフトーンパターン]を上図の設定で適用します。

ハーフトーンパターンの状態

ハーフトーンパターンの状態

ハーフトーンパターンを適用させた状態です。色の濃淡でできたボーダーができました。ハーフトーンパターンは色描画・背景色で色が決まります。

Step04 色を指定して選択

色を指定して選択

レイヤーを複製し、見やすくするため、表示を400%くらいに拡大します。[選択範囲→色域指定]で上図の設定をし、色の濃いボーダーの一番濃い部分をスポイトでクリックします。

選択範囲

選択範囲

色の濃い部分だけが選択されました。

Step05 選択範囲のカット

選択範囲のカット

[右クリック→選択範囲をカットしたレイヤー]で濃い色と、薄い色のボーダーのレイヤーに分けます。

Step06 レイヤーの順序の入れ替え

レイヤーの順序の入れ替え

色の濃いボーダーのレイヤーが一番上にあるので、色の薄いレイヤーを上にドラッグして、一番上に移動します。

Step07 レイヤースタイルの設定1

レイヤースタイルの設定1

分かりややすいように他のレイヤーは非表示にしてあります。色の濃いレイヤーに上図の設定でスタイルを適用し、不透明度を35%にします。

Step08 レイヤースタイルの設定2

レイヤースタイルの設定2

色の薄いレイヤーに上図の設定でスタイルを適用し、すべてを表示させます。

完成

Photoshop段ボールのテクスチャ

完成しました。色域指定の場所によっては、スタイルの感じが変わってくるので、設定する時はすべてを表示させて、少しずつ調整して下さい。

アレンジ

Photoshopで作る段ボールのテクスチャ

文字やペンキのハネを加えてみました。図形の切り抜きや、こんな風に文字やイラストを加えて、写真を張り付ければスクラップブック風にもできますね。

使い方は様々ですが、色々と試してみて下さいね。

この投稿文は次の言語で読めます: 簡体中国語, 英語

迷彩柄の描き方(イラストレーター)
Photoshopで作る凹凸ロゴとテクスチャ
Photoshopで芝生のテクスチャを作る
シームレスなパターンの作り方(Photoshop)
Photoshopで水滴のイラストをリアルに作る
ガラスの小瓶に立体的な文字を合成する方法(Photoshop)
Photoshopでシワの入った革のテクスチャの作り方
クラフト紙の背景テクスチャとヴィンテージ風デザイン
ザラついた質感の背景の作り方(Photoshop)