DesignTips > 背景・パターン > Photoshopでランダムなストライプ背景を作るTips

Photoshopでランダムなストライプ背景を作るTips

Photoshopでランダムなストライプ背景を作るTips

今回はPhotoshopでランダムなストライプ背景を簡単に作る方法をご紹介します。

細かくストライプの色は指定できませんが、ちょっとしたアクセントには便利な小技ではないでしょうか。

出来上がりのストライプも毎回変わるので、色々な背景のパターンを作る事が出来ます。

Step01 描画色の設定

ストライプ背景を作るための塗りつぶしの設定

ストライプの背景を作る前に描画色の設定をします。

Photoshopで[800px×600px]のサイズのドキュメントを用意し、上図のカラーで塗りつぶしをします。

塗りつぶしの状態

塗りつぶしの状態

描画色[#F5FF51]で塗りつぶしました。

Step02 ストライプの作成①ノイズを加える

ストライプの作成①ノイズを加える

さていよいよPhotoshopでストライプの背景を作っていきます。

[フィルター→ノイズ→ノイズを加える]で上図の設定をします。

ノイズの状態

ノイズ

全体に黄色味がかったノイズが加わりました。

今後、このノイズを点描し、スクロールしてストライプを作っていきます。

Step03 ストライプの作成②点描の設定

ストライプの作成②点描の設定

Photoshopの[フィルター→ピクセレート→点描]で上図の設定をします。

点描の状態

点描

背景色[#00F2CD]をベースにカラフルな点がたくさんできました。

最後にこの点をスクロールしてストライプが出来上がります。

Step04 ストライプの作成③スクロールの設定

ストライプの作成③スクロールの設定

Photoshopの[フィルター→その他→スクロール]で上図の設定をします。

ドキュメントの横のサイズが800pixelなので、水平方向を-800にします。プラスかマイナスはお好みで設定して下さい。

ストライプ背景 完成!

ストライプの背景 完成

Photoshopでストライプの背景が出来ました!

こちらは水平方向[-800pixel]に設定してできたストライプです。

異なる方向のストライプ

異なる方向のストライプ

こちらは水平方向[800pixel]に設定してできたストライプです。逆方向でも背景の感じが変わりましたね。

今回のランダムなストライプはPhotoshopの描画・背景色を変えるだけでも、色の配色が変わります。また、ノイズ・点描の数値を変えれば、太さも変えることが出来るので、色々試してみて下さい。

関連記事:抽象的なライン背景の作り方(イラストレーター)

この投稿文は次の言語で読めます: 簡体中国語, 英語

布テクスチャの作り方(Photoshop)
Photoshop パターンの作り方(ドット)
花柄背景の作り方を解説(Photoshop)
Photoshopでカラフルなドット背景を作る方法
透明感のあるモザイク背景の作り方(Photoshop)
写真を利用したコラージュの作り方(Photoshop)
Photoshopで作る凹凸ロゴとテクスチャ
イラストレーターで作るモダンな木目のデザイン
金属テクスチャをPhotoshopで作る方法