DesignTips > イラスト デザインパーツ > POPな吹き出しイラストの作り方(イラストレーター)

POPな吹き出しイラストの作り方(イラストレーター)

POPな吹き出しイラストの作り方(イラストレーター)

今回はPOPな吹き出しイラストの作り方をご紹介します。今回はPOP感を演出するために吹き出しを雲型にし、縁取りと影を加えてみました。

なお、吹き出しの基本的な作り方は吹き出しイラストを作成する方法(イラストレーター)でもご紹介しています。こちらも併せてご覧ください。

Step01 楕円ツールで円を適当に描く

POPな吹き出しイラスト作成開始

まずは雲型吹き出しの雲の部分を作成します。

楕円形ツールで正円を上図のようにランダムに描きます。

正円はShiftキーを押しながらドラッグすると描けます。大小大きさの異なる円をランダムに描くのがコツです。雲の中が空洞になっても気にしないで下さい。

Step02 パスファインダーで合体

パスファインダーで合体

続いて、描いた円をすべて選択して、パスファインダー(ウィンドウ→パスファインダー)で合体をクリックします。

円が全て合体して一つのパスになりました。

Step03 空洞を埋める

空洞を埋める

雲の空洞を埋めます。空洞になった部分を隠すようにペンツールで適当にパスを描きます。(上図参考)。再びすべてを選択して、パスファインダーで合体させます。

これで雲が完成しました!簡単ですね。

Step04 吹き出し部分を描く

吹き出し部分を描く

続いて、吹き出し部分をペンツールで描きます。吹き出しはお好みのサイズや形に描いて下さい。

Step05 吹き出しと雲を合体

吹き出しと雲を合体

吹き出し部分と雲をパスファインダー→合体で統合させます。

これで基本的な吹き出しの完成です。

Step06 吹き出しをPOPにする

吹き出しイラストをPOPにする

続いて吹き出しをPOPに演出していきます。

吹き出しの塗りを白(#FFFFFF)、線をグレー(#E8EDED)に設定します。さらに線パネル(ウィンドウ→線)を開いて、線幅を10ptに設定し、少し太めの線にします。

線を太めに設定することで、POPな印象になりましたね。

Step07 吹き出しの影を作成

吹き出しイラストの影を作成

続いて、吹き出しの影を作成します。吹き出しを選択して、Altキーを押しながら左上にドラッグします。すると、左上に吹き出しが複製されました。

下のレイヤーの吹き出しを選択し、塗り:濃いグレー(#868787)、線なしに設定し、影を作成します。最後に位置を上図のようにうまく重なるように調整します。

関連記事:イラストレーターで文字に影をつける方法

出来上がり!

イラストレーターでPOPな吹き出しイラストを作る方法

フォントを入れればPOPな吹き出しイラストの完成です!

フォントは丸みのあるゴシック体あたりが合うかと思います。カラーも明るめが良いですね。

作り方は簡単でしたが、吹き出しは使用頻度の高いデザインパーツです。チラシやポスター、バナーなど色々と使えそうですね。あらかじめ作っておいてストックしておくのも便利でしょう。

この投稿文は次の言語で読めます: 簡体中国語, 英語

幅広いデザインで使えるシンプルなペーパータグの作り方(イラストレーター)
マウスで描く!黒板に書いたような手書き風文字の作り方(イラストレーター)
角が丸い立方体の作り方(イラストレーター)
サインペンで塗りつぶした文字の作り方(イラストレーター)
立方体、直方体の作り方(イラストレーター)
イラストレーターでペンツールを使わずに作る桜の作り方
Photoshopのレイヤースタイルで簡単にパールを作る方法
かわいいプクプクシールの作り方(Photoshop)
矢印のイラストの作り方(イラストレーター)