DesignTips > 背景・パターン > 抽象的なライン背景の作り方(イラストレーター)

抽象的なライン背景の作り方(イラストレーター)

抽象的なライン背景の作り方(イラストレーター)

今回はイラストレーターで抽象的なライン背景の作り方をご紹介します。このような抽象的なデザインをアブストラクトアートと呼びます。

アブストラクトアートは様々な場面で使われるデザインです。ウィンドウズの壁紙なんかが良い例ですね。抽象的で美しく、どこか神秘的な印象も持ち合わせています。

今回はオーソドックスな面とラインで構成されたアブストラクトアートを作っていきたいと思います。

Step01 ペンツールで基本的な面を描く

抽象的なライン背景作成開始

まずは面を作成していきます。

ペンツールで上図のようなラインを描きます。ラインの形状は全く同じでなくても結構です。後にこれを面として組み合わせますので、お好きな形状をお書きください。

Step02 ラインの色を変更する

ラインの色を変更する

ラインの色を変更させます。

上の曲線を薄い青(#BFE3F7)、下の直線を明るい青(#3D86F9)に設定します。

Step03 ブレンドオプションの設定

ブレンドオプションの設定

続いて、[オブジェクト→ブレンド→ブレンドオプション]をクリックし、ステップ数を1,000にします。

Step04 ブレンドを作成する

ブレンドを作成

Step01で描いた左上の図形(上下のライン)を二つ選択して、[オブジェクト→ブレンド→作成]をクリックします。

Step05 ブレンドが作成された

ブレンドが作成された

左上の二つのラインのブレンドが作成され、スムーズなカラーのオブジェクトが出来ました。

うまくブレンドが作成されない場合は[オブジェクト→ブレンド→ブレンドオプション]でスムーズカラーでOKにして再度ブレンドを作成してみて下さい。

関連記事:イラストレーターで不透明から透明になるグラデーションの作り方

Step06 他のオブジェクトもブレンドを作成する

他のオブジェクトもブレンドを作成する

同様に、他の三つオブジェクトもブレンドを作成します。

続けて、後の作業のため、それぞれのオブジェクトの描画モードをソフトライトにしておきます。(透明パネルを開き通常をソフトライトに変える)

Step07 オブジェクトを配置する

ライン背景を配置

作成したオブジェクトを拡大、回転、複製させてランダムに配置します。オブジェクトはアートボードからはみ出してもOKです。

配置は腕の見せ所です。それぞれのオブジェクトが美しく重なるようにうまく配置してみて下さい。

Step08 光彩(内側)を適用

ライン背景に光彩(内側)を適用

オブジェクトの境界線(ライン)に光の演出をします。

オブジェクトをすべて選択(Ctrl+A)し、[効果→スタイライズ→光彩(内側)]で光彩(内側)ダイアログを開きます。オプションで上図のように設定します。

Step09 クリッピングマスクの作成

クリッピングマスクの作成

はみだしたオブジェクトを切り取ります。

長方形ツールでアートボードと同じ大きさの長方形を作成し、コピー(Ctrl+C)をしておきます。

続けて、オブジェクトをすべて選択(Ctrl+A)し、[オブジェクト→クリッピングマスク→作成]をクリックします。

Step10 オブジェクトが切り抜かれた!

ライン背景が切り抜かれた

クリッピングマスクが適用され、オブジェクトがアートボードの大きさに切り抜かれました!

続けて、透明パネル(ウィンドウ→透明)で[描画モードを分離に]チェックを入れておきます。

Step11 長方形を前面にペースト

長方形を前面にペースト

Step09でコピーした長方形を前面にペースト(Ctrl+F)します。続けて長方形に上図のように青のグラデーションを適用させます。

Step12 描画モードを乗算に

ライン背景の描画モードを乗算

長方形のグラデーションを下のオブジェクトと馴染ませます。

長方形の描画モードを[乗算]に変更し、不透明度を90%くらいに変更します。グラデーションが下のオブジェクトとうまく馴染み、デザインに深みが増しましたね。

Step13 デザインに動きをつける

ライン背景に動きをつける

最後にペンツールでなめらかな曲線を描きます。

デザインがのっぺりした印象の時は、ラインなどアクセントを加えることでデザインに動きを出すことができます。

出来上がり!

イラストレーターで抽象的なライン背景を作る方法

最後にロゴなどを入れて完成です!

透明感のある面とラインを利用したアブストラクトアートが出来上がりました。作業工程は多く、難しい印象を持つアブストラクトアートですが、やっていることは基本の積み重ねです。

一つ一つ順を追って丁寧に作っていけば必ずできます。当ページを参考にしてぜひ作ってみて下さい。それではまた。

関連記事:Photoshopでランダムなストライプ背景を作るTips

この投稿文は次の言語で読めます: 簡体中国語, 英語

斜線入りwebボタンの作り方(イラストレーター)
罫線入りポストカードの作り方
イラストレーターでマーブル模様の作り方を解説
スピード感のある背景イメージの作り方(Photoshop)
クラシックなパターン素材の作り方(イラストレーター)
イラストレーターでスケッチ風ロゴデザインを作成する方法
写真を利用したコラージュの作り方(Photoshop)
太陽のイラストの作り方(イラストレーター)
梅のイラストの作り方(Illusutrator)