DesignTips > Photoshop使い方講座 写真加工 > 画像の角度修正でできる空白を補う方法(PhotoshopCS5)

画像の角度修正でできる空白を補う方法(PhotoshopCS5)

画像の角度修正でできる空白を補う方法(PhotoshopCS5

今回はPhotoshopの画像の角度補正でできた空白部分を補う方法をご紹介します。

以前「Photoshop 写真の傾きを補正する方法」でご紹介した画像修正では、画像が水平になると四隅に空白部分ができてしまうため、トリミングをしなければいけません。

ですが、トリミングをすることで、画像のサイズが小さくなってしまいます。今回は、その空白部分を自動的に補う方法を説明していきたいと思います。

Step01 余白を選択する

余白を選択する

角度補正後「Photoshop 写真の傾きを補正する方法」の画像を使用しています。

「自動選択ツール」で白い空白部分を選択します。色指定で選択範囲を作ろうとすると、画像の白い部分も選択されるので気を付けてください。

Step02 選択範囲の拡張

選択範囲の拡張

このままでは画像と空白を補った部分に境目ができてしまうので、1px~10pxほど拡張します。画像によって拡張サイズが変わってきますが、今回は1pxに設定しました。

Step03 拡張された選択範囲

拡張された選択範囲

選択範囲が拡張されStep01より画像に選択範囲が被っているのが分かると思います。

Step04 塗りつぶしの設定

塗りつぶしの設定

[編集→塗りつぶし→コンテンツに応じる]に設定し、空白部分を補います。

Step05 空白部分が補われた状態

空白部分が補われた状態

選択範囲で囲まれた部分が画像となじんで補われました。

Step06 不自然な部分の修正

不自然な部分の修正

一見きれいに補われたように見えますが、よく見ると左上に同じ雲が並んでいる状態なので不自然ですね。

これを、「写真に不要な物が写りこんでしまった部分を消す方法」で使用した、「コピースタンプツール」などを使って修正していきます。

修正後

Photoshop欠けた画像の一部を補う

完成しました。どうですか?コンテンツに応じた自動修正のままよりも、とても自然になりました。

とても便利な機能ですが、複雑な画像には不向きです。空や、海など同じ画像を繰り返しても分かりにくような画像にはとても使いやすいと思います。

簡単な画像でもうまくいかない時もあるので、必ず補正した部分を拡大して確認をしてくださいね。

関連記事:Photoshop 写真の傾きを補正する方法

関連記事:パペットワープがすごい!(Photoshop CS5)

この投稿文は次の言語で読めます: 簡体中国語, 英語

パペットワープがすごい!(Photoshop CS5)
Photoshopで写真の傾きを補正する方法
Photoshopのアクションで作業を効率化
Photoshopのぼかし(ガウス)を使った背景のぼかし
30秒で写真を白黒(モノクロ)にする方法3 (Photoshop CS5)
Photoshopのトリミングを詳しく解説
30秒で写真をセピアカラーにする方法3 (Photoshop CS5)
Photoshopで文字を加工する方法2
Photoshopのマスクの基本的な使い方