DesignTips > 3D・立体 デザインパーツ > イラストレーターの3Dで作るシーリングワックスのイラスト

イラストレーターの3Dで作るシーリングワックスのイラスト

イラストレーターの3Dで作るシーリングワックスのイラスト

今回はイラストレーターの3D機能を使ってシーリングワックスのイラストの作り方をご紹介します。

シーリングワックスは封筒の封をする時に使われていますね。最近はシールにもなっています。

3Dを使ってロウの溶けた質感や立体感を出すため、一つのイラストでもいくつかのレイヤーに分けて作成します。

一見難しそうに思えるかもしれませんが、シーリングワックスのフレームさえ作ってしまえば、あとは好きなイニシャル・ イラスト(紋章)などを配置すれだけ!とっても素敵なデザインが出来上がります。

Step01 ワックスの枠となる図を描く

ワックスの枠となる図を描く

ペンツールで上図のような、熱でロウが溶けたなめらかな形をイメージした図を描いてください。形は最後に調整できるのでここで厳密に作る必要はありません。色[#B70909]・線なし

Step02 中心に正円を配置

中心に正円を配置

ワックスの土台の中心に上図のような正円を配置したら、[コピー(中円1)→前面ペースト(中円1コピー)]し、次の工程がしやすいようにコピーした正円のレイヤーを非表示にします。

Step03 ワックスの土台の中心を丸く抜く

ワックスの土台の中心を丸く抜く

Step02の正円とワックスの土台のレイヤーを選択したら、[パスファインダー→前面オブジェクトで型抜き]で中心を抜きます。これでワックスの輪郭ができました。

Step04 3Dで立体感を出す

3Dで立体感を出す

このままでは、ワックスの輪郭は平面なので3Dで立体感を出します。「効果→3D→押し出し・ベベル」で上図の設定をし、照明の位置はドラッグして調整します。

輪郭の立体感

輪郭の立体感

平面だったワックスの輪郭に立体感ができたので、厚みがあるようにみえてきました。

Step05 内側に一つ目の正円を作る

内側に一つ目の正円を作る

Step02で非表示にした正円のレイヤー(中円1コピー)を[コピー→前面ペースト]し、コピー元のレイヤーを非表示に戻します。

コピーしたレイヤーを[オブジェクト→パス→パスのオフセット]で上図の設定をし、一回り小さい正円(中円2)を作ります。

Step06 正円の中心を丸く抜く

正円の中心を丸く抜く

Step05のコピーしたレイヤー(中円コピー1)と一回り小さい正円(中円2)を選択し、Step03と同じ工程で中心を丸く抜き、ドーナツ状にします。これが内側のラインになります。

Step07 3Dで立体感を出す

3Dで立体感を出す

ドーナツ状の正円を3Dを使って立体感を出します。照明効果の位置はStep04の反対側(逆)に設定するので気を付けてください。

ラインの立体感

ラインの立体感

2重の細いラインが出来きました。平面の状態でも周りが立体的だったので、立体感があるように感じてましたが、3Dを使うことでより立体的になりましたね。

Step08 内側に二つ目の正円を作る

内側に二つ目の正円を作る

※Step07の2重の細いラインは説明時に見にくいので非表示にしてあります。

一番内側の正円を作ります。Step05で非表示にした正円のレイヤー(中円コピー1)を[オブジェクト→パス→パスのオフセット]で一回り小さい正円(中円2)ができました。

Step09 正円に立体感を出す

正円に立体感を出す

3Dを上図のように設定します。照明効果はStep07と同じような位置になります。

内側の立体感

内側の立体感

一番内側の正円にくぼんだような立体感ができました。これでだいぶ完成に近づいてきましたね。

Step10 色の設定

色の設定

内側から2番目のラインは3D効果を使用していないため、全体に比べて色が少し明るいので調整して周りの色と近づけます。色[#a51111]

シーリングワックスのフレームの出来上がり

イラストレーターで作るシーリングワックスイラスト

フレームの出来上がりです。Step10で調整した色も周りに合っているので違和感がなく、立体感がはっきり出ているのでリアルになりました。

あとは、中心に好きなイラストやイニシャルを配置していけばシーリングワックスらしさがアップします。

アレンジ:文字の配置

文字の配置

中心に文字を配置し、上図のような3D設定をします。フォントは<Tiranti Solid Plain:1.0>を使用しました。

アレンジの完成

イラストレーターの3Dで作るシーリングワックスのイラスト

文字が入ると一気に高級感が出ますね。

シーリングワックスのフレームさえ完成させれば、あとは好きなイニシャルやイラストを配置するだけです。文字のフォントやイラストで感じも変わりますし、色も赤にこだわらず変えてみるのもいいですね。

ワックスの輪郭がイマイチな時は最後に調整すると全体のバランスが良くなりますよ。

この投稿文は次の言語で読めます: 簡体中国語, 英語

メダルバッジを作る方法(イラストレーター)
ペンツールを使わずに作る雪の結晶のイラスト(Illusutrator)
パステルカラーのフレームを可愛くイラストレーターで作る
木彫り風エンブレムの作り方
メタリックな星のイラストの作り方(イラストレーター)
立方体、直方体の作り方(イラストレーター)
イラストレーターで文字に縁取りを入れる方法
イラストレーターで飾り枠を簡単に作る方法
イラストレーターで文字を立体的に飛び出させるTips