DesignTips > イラストレーター使い方講座 > オブジェクト(パス)に沿って文字を入力する方法(イラストレーター)

オブジェクト(パス)に沿って文字を入力する方法(イラストレーター)

オブジェクト(パス)に沿って文字を入力する方法(イラストレーター)

今回は文字をオブジェクト(パス)に沿って入力する方法をご紹介します。パスであれば直線・曲線のオープンパス、図形のクローズパスにも文字を沿わすことが出来ます。

文字を図形(丸・四角・星など)のクローズパスに沿って入力する方法を説明していきますので、曲線や直線などのオープンパスに沿って文字を入力するやり方は、「パスに沿って文字を入力する方法」を参考にして下さい。

Step01 図形を描く

図形を描く

上図のように楕円を描いた後、「パス上文字ツール」を選択し、パスの上をクリックします。

Step02 文字の入力

文字の入力

「パス上文字ツール」でパスの上をクリックすると、上図のようにパスの上にカーソルが表示され、楕円の線も消えてガイドのようになります。

この状態になれば、あとは文字を入力するだけで楕円に沿って文字が並びます。

Step03 文字の位置の調整方法

文字の位置の調整方法

上図に表示されている<ブラケット>をドラッグして、左右に動かしたり・内側に反転させて文字の位置を調整します。

Step04 文字の位置を調整1

文字の位置を調整1

文字の並びが右寄りなので中心にくるよう調整します。[開始点ブラケット]にアイコンを近づけて矢印を表示させたら、上図のように左にドラッグします。

※後で細かい位置を調整出来るので大体で大丈夫です。

Step05 文字の位置を調整2

文字の位置を調整2

※上図の赤い四角いアイコンは文字が隠れていると表示されます。Step04で開始点をずらしたため、表示される長さが短くなり文字がパスよりあふれた状態になってます。

今度は、[終了点ブラケット]の矢印を表示させ、文字を左にドラッグします。

Step06 文字の位置を調整3

文字の位置を調3

[中心のブラケット]は左右にドラッグする事が出来るので、真ん中や配置したい位置に合わせやすいです。

Step07 文字の位置を調整4

文字の位置を調整4

[中心のブラケット]は左右だけでなく、パス内にドラッグすると文字が反転しパスの内側に移動します。

パスの内側に文字が配置されても位置の調整の仕方は同じです。

Step08 文字の大きさで位置を調整

 文字の大きさで位置を調整

文字が一部隠れているので、<文字パネル>で文字の間隔を狭めて調整します。

今回は文字の大きさは変えたくないので、フォントサイズを変えずに文字の間隔を見ながら「トラッキング」の数値を設定します。

Step09 パス上文字に効果を適用1

パス上文字に効果を適用1パス上の文字を選択したら、文字ツールをダブルクリックし<パス上文字オプション>を開きます。

それぞれをの<効果>を適用させると上図の様な並びになります。文字の位置調整も今までと同じです。

Step10 パス上文字に効果を適用2

パス上文字に効果を適用2

<パス上の位置>を適用させると、上図の様な文字の位置になり、調整も<効果>と同じく今までと同じです。

アレンジ

オブジェクト(パス)に沿って文字を入力する方法(イラストレーター)

正円と星の図形に文字を添わせてみました。星のようなカーブのきついものは文字間隔を調整するときれいに文字が並びます。

パスの状態であれば、どんな図形でも文字をパスに沿わせるとが出来るので、文字を好きな形に並べることが出来ます。

文字の調整に多少の面倒くささがありますが、調整の仕方によっては素敵なデザインに仕上がりますので、色々な図形に試してみて下さい。

この投稿文は次の言語で読めます: 簡体中国語, 英語

メダルバッジを作る方法(イラストレーター)
パスに沿って文字を入力する方法(Illustrator)
画像の切り抜きを複数のオブジェクトでする方法(イラストレーター)
イラストレーター 線パネルの使い方について
めくれたシールのイラストの作り方(イラストレーター)
図形ツールで作るレースの作り方(イラストレーター)
ノートと破けたノートのイラストの作り方(イラストレーター)
3Dの球体にパターンとロゴを入れる方法(イラストレーター)
サインペンで塗りつぶした文字の作り方(イラストレーター)