DesignTips > 背景・パターン > 配色を生かしたパターンの作り方(イラストレーター)

配色を生かしたパターンの作り方(イラストレーター)

配色を生かしたパターンの作り方(イラストレーター)

今回はイラストレーターで配色を生かしたパターンの作り方をご紹介します。

今回のポイントは配色。配色次第で初心者の方でも簡単にオシャレなパターンを作ることができます。これからの季節、秋や冬に合うようなシックな色でまとめてみました。

Step01 アートボードと同じ大きさの長方形を描く

配色を生かしたパターン作成開始

イラストレーターで新規ファイルを開き、アートボードと同じ大きさの長方形を描きます。塗りは#E0DBD3、線なしで設定。

のちの作業のため長方形のレイヤーをロックしておきます。

Step02 配色をあらかじめ作っておく

配色をあらかじめ作っておく

続いて今回使う配色をあらかじめ作っておきます。今回のポイントはここです。

アートボードの端に今回使う配色を長方形ツールを使って作っておきます。こうすることで、配色の作業が楽になり、色合いに統一感が生まれます。

なお、ご自身で配色を決める際は、Adobe kluerなどを参考にしてみて下さい。

Step03 パターンを作成する

パターンを作成する

それでは早速、パターンを作成していきます。

角丸四角形ツールで角丸四角形を作成し、[オブジェクト→変形→個別に変形]をクリックします。上図のように85%に設定し、[コピー]をクリックします。(コピーをクリックを忘れずに!)

Step04 変形の繰り返しを2回適用

変形の繰り返しを2回適用

続けて、変形の繰り返し(Ctrl+D)を2回適用します。

角丸四角形の中に縮小された角丸四角形が3つ作成されました!

Step05 微調整する

パターンを微調整する

デザインが単調なので少し微調整します。

内側から2個目の角丸四角形を選択し、[オブジェクト→変形→拡大・縮小]をクリック。上図のように95%に設定してOKをクリックします。これでパターンの原型が出来上がりました。

Step06 パターンに配色する

パターンに配色する

いよいよパターンに配色していきます。

Step02で作った配色をパターンに適用させていきます。まず、①着色したい角丸四角形を選択し、②スポイトツールを選択、③好みの配色をクリックします。

同様の手順で他の角丸四角形も配色していきます。色の順番は適当でOKです。

Step07 配色の違うパターンも作成する

配色の違うパターンも作成する

角丸四角形をコピー&ペーストして違う配色のパターンも作成しておきます。

大きさも大小さまざまなものを作成しておいて下さい。最後にこれを配置して完成です。

出来上がり!

イラストレーターで配色を生かしたパターンの作る方法

大小、配色の違う様々なパターンをランダムに並べてみました。

とても簡単なデザインですがオシャレに仕上がっています。このデザインの決め手はやはり配色ですね。色の組み合わせで8割がた決まっています。

今回は配色をあらかじめ決めてスポイトで抽出する方法をご紹介しました。デザインの最中に色で悩む必要もなく作業もサクサク進みます。何より配色で成功していますので多少デザインが悪くてもごまかせます。ぜひお試し下さい。

この投稿文は次の言語で読めます: 簡体中国語, 英語

栗のイラストの描き方(イラストレーター)
イラストレーターで作るモダンな木目のデザイン
もみじのイラストの作り方
サインペンで塗りつぶした文字の作り方(イラストレーター)
幅広いデザインで使えるシンプルなペーパータグの作り方(イラストレーター)
マウスで描く!黒板に書いたような手書き風文字の作り方(イラストレーター)
斜線入りwebボタンの作り方(イラストレーター)
角が丸い立方体の作り方(イラストレーター)
縁取りの文字の隙間を埋める方法(イラストレーター)