DesignTips > イラスト > イラストレーター初心者でも作れる桜のイラスト

イラストレーター初心者でも作れる桜のイラスト

イラストレーター初心者でも作れる桜のイラスト

今回はイラストレーター初心者の方でも簡単に作れる桜のイラストの作り方をご紹介します。

使う形は四角形と円だけ。木と枝を長方形で作り、桜を円で作ります。

作り方は簡単ですが、デザインはなかなかオシャレじゃありませんか?(桜の木に見えないというツッコミはやめてください。)

ポストカードなんかにも使えそうですね。それでは作り方を見ていきましょう。

Step01 桜の木を作ります

桜の木を作成

まずは桜の木を作ります。

長方形ツールで長方形を作成します。(上図左を参考)

上部をダイレクト選択ツールで選択して上の先の幅を狭くします。(選択されたアンカーポイントは白丸から黒丸に変更します。それぞれを選択して中央にドラッグします。)

これで桜の木が出来ました。

Step02 木から枝を作る(コピー、縮小、回転)

木から枝を作る

続いて作成した木をから枝を作ります。

木をコピー&ペーストします。

ペーストした木を選択ツールで選択し、左上を右下にドラッグします。縮小されました。(縮小する大きさはお好みでかまいませんが、幅を狭めするのがコツです。)

続いて、縮小したものを回転ツールを使って上図右のように回転させます。(オブジェクトを選択して→回転ツールを選択→ドラッグで回転)

一本の枝ができました!

同じようにコピー、縮小、回転をしてもう一つ枝を作っておいてください。

Step03 枝を微調整しながら配置する

枝を微調整しながら配置する

Step02で作成した枝を木に配置します。

先端の二本の枝は長方形ツールで細長い長方形を作成し回転させて配置します。

枝が木からはみ出るときは縮小させたり回転させたりして微調整してください。

木と枝ができました!

さてあとは桜の花の部分でだけです。

Step04 桜の花部分を作成する

桜の花部分を作成する

完成図を見ていただくと分かるとおり、桜の花部分は円の中に点線の円が描かれてますね。

この部分を作ります。

正円を描き、選択ツールで選択します。

円を選択して、[オブジェクト→変形→個別に変形]をクリックし、上図の設定をしてコピーをクリックします。

すると大きな円の中に90%に縮小された円が新たに作成されます。

Step05 内側の円に破線を表示

内側の円に破線を表示

縮小された内側の円に破線を適用します。

選択ツールで内側の円を選択し、線パネル(ウインドウ→線)で上図のように設定します。(破線にチェックを忘れずに!)

内側の円に破線が適用されました。

お疲れ様でした。これでほぼ完成です!あとは花をコピー&ペーストをして配置するだけです。

Step06 配色する

桜を配色する

Step04で作成した桜の花をコピー&ペーストして上図のように配置します。

あとは配置した桜の花や木、枝を配色します。

お好きな色を配色してみてください。

作成したカラーコードも載せておきましたので参考にしてみてください。

出来上がり!

イラストレーター初心者でも作れる桜のイラスト(完成)簡単な操作でかわいらしい桜のイラストができました。

ポストカードのイラストとしても良いですし、ちょっとした挿し絵にもなりますね。

この投稿文は次の言語で読めます: 簡体中国語, 英語, ドイツ語

花のイラストの描き方(イラストレーター)
お花のイラストの作り方
栗のイラストの描き方(イラストレーター)
イラストレーターでコウモリのイラストの描き方
イラストレーターでスカルとクロスした骨のイラストの描き方
イラストレーター 松のイラストの描き方
イラストレーターでペンツールを使わずに作る桜の作り方
太陽のイラストの作り方(イラストレーター)
梅のイラストの作り方(Illusutrator)