DesignTips > デザインパーツ > 墨汁を飛び散らしたようなイラストの作り方(Illusutrator)

墨汁を飛び散らしたようなイラストの作り方(Illusutrator)

墨汁を飛び散らしたようなイラストの作り方(Illusutrator)

今回はイラストレーターで墨汁を飛び散らしたようなイラストの作り方をご紹介します。

そのまま墨汁が飛び散ったイラストとして使ってもいいですし、ブラシとしても使えます。

ギザギザした部分が難しく感じるかもしれませんが、六角形を使えば簡単にできてしまうので、さっそく工程を見ていきましょう。

Step01 六角形を作る

六角形を作る

多角形ツールで六角形をつくります。

※次の工程の<クラウンツール>のブラシと大きさを比較するためなので、コツがつかめたら作りたいサイズでかまいません。

Step02 クラウンツールの設定

クラウンツールの設定

<クラウンツール>をダブルクリックし、ダイアログが開いたら上図の設定をします。

Step03 クラウンツールを使う

クラウンツールを使う

六角形をブラシで覆い、2回クリックして周りをギザギザにます。

クラウンツールで変形させた状態

クラウンツールで変形させた状態

六角形がアッという間に、ギザギザに変形しました。この状態でもインクを垂らしたようなブラシに使えますね。

Step04 ワープツールの設定

ワープツールの設定

<ワープツール>をダブルクリックをして数値を設定して下さい。ブラシの大きさはアンカーポイントが2~3つくらい入るのが変形しやすいです。

Step05 ワープツールで変形

ワープツールの設定

ギザギザした尖った部分をワープツールで流れるような形に変形させます。ワープツールのブラシを上図のようにアンカーポイントにあてドラッグし、これを繰り返します。

様子をみながら数値を変えて下さい。

完成

墨汁を飛び散らしたようなイラスト完成

出来上がりです。見た目よりとっても簡単だったと思います。

きれいに流れるように変形するコツは、いっぺんに変形させず、ワープツールの強さを調整しながら、アンカーポイントを移動させるところです。

アレンジ

墨汁を飛び散らしたようなイラストの作り方(Illusutrator)アレンジ

出来上がった跳ねを配置してみました。ただ、筆で描いたようなフォントを使うだけより、アクセントとして入れるとデザインの雰囲気ガラッと変わり、クールな感じに仕上がりますね。

既存のブラシのように形を変えたものをまとめてブラシにしてもいいですし、コピペしながら、それぞれ変形させてもいいですね。

今回は墨汁ですが、色を変えればペンキのように表現できますよ。

この投稿文は次の言語で読めます: 簡体中国語, 英語

梅のイラストの作り方(Illusutrator)
切手のイラスト(フレーム)の作り方(イラストレーター)
人物シルエット(イラスト)を簡単に作成するTips
矢印のイラストの作り方(イラストレーター)
木彫り風エンブレムの作り方
POPな吹き出しイラストの作り方(イラストレーター)
立方体、直方体の作り方(イラストレーター)
イラレで吹き出しイラストを作成する方法
幅広いデザインで使えるシンプルなペーパータグの作り方(イラストレーター)